カードローンの無利息キャンペーンは細かい違いに着目しよう

カードローンの申込みを行なう際に、金利がほとんど似通っていれば、他の部分を比較して申込み先を決めることになるでしょう。返済方法に着目すれば、残高スライドリボルビング方式よりも定率返済を好む人も少なくありません。しかし、もっと身近な違いとして、無利息キャンペーンの提供有無があります。

借入れ開始直後は、苦しい経済状態から借入れを行っているので、例え30日間であっても、無利息期間が設けられていることは利用者にとって好ましいことと言えるでしょう。問題となるのは、同じ30日無利息キャンペーンであっても、根本的な部分で異なった施策が行われていることが多い事実です。

具体的には、カードローンの30日無利息キャンペーンは、審査に通過した日を基準として無利息期間がスタートしてしまうと、期間に余裕を持って申込みを行なった人が損をします。なぜなら、初回借入日から30日間無利息キャンペーンならば、無利息期間をまるまる30日享受出来ますが、審査通過時から30日という無利息キャンペーンでは、即日借入れを行わない限りは無利息期間が短くなってしまいます。

一見すると同じキャンペーンに見えて、実質的な無利息期間に差が出てしまうことは、注意深く利用規約を熟読した上で申込みを行わなければならないことを物語っているでしょう。

総量規制対象外のカードローンは有利です

貸金業法を法的基盤として貸付を行っている金融業者には、消費者金融や信販会社があります。総量規制が導入されたことにより、年収の1/3を超える貸付が原則として禁止されて、他社を含めた総借入額の把握を審査時だけでなく継続融資時にも行わなければなりません。利用者にとっても、総量規制導入に伴い利用限度額が制限されてしまい、必要な時に必要な金額を借入れ出来ない事態が発生しています。

総量規制が導入された背景には、多重債務者を生んでしまった過去の過剰貸付が原因とされています。しかし、グレーゾーン金利として利息制限法を上回り出資法による規制以下の金利で貸付が行われていたことの方が問題であって、実際に返済能力に問題が無かった人に対しても総量規制により貸付制限が行われるようになってしまいました。

貸金業法以外の法律に基づき貸付を行っている銀行カードローンや信用金庫カードローンでは、総量規制対象外ですから審査に通過すれば年収の1/3を超える借入れが出来ます。総量規制対象外のカードローンは、利息制限法で定められた上限金利を遥かに下回る低金利融資が行われていることも多く、最初から総量規制対象外のカードローンへ申込み審査に通過出来れば、消費者金融や信販会社からの借入れを利用する必要が無くなるでしょう。

銀行カードローンは今後の動向に注意!

現在、過剰融資が問題になりつつある銀行カードローンは、自主規制により年収の1/3までと制限を設け始めています。
銀行カードローンの問題は、過剰融資の問題だけではなく、審査自体においても指摘があります。
その指摘は、審査自体を保証会社に任せているということであり、一部銀行では丸投げ状態にあることも確認されています。

このような状況において、消費者は今度の動向に注意をする必要があり、銀行カードローンも消費者金融同様に規制強化の可能性を認識することが重要です。
金融庁の森信親長官に対し、毎日新聞がインタビューを行った結果、『自主規制が十分でなければ、放置するわけにはいかない』と問題視しており、今後は規制強化もあり得るということを示唆しています。
過剰融資のみならず、銀行カードローンによる債務整理者の増加が続くようであれば、必要な時に現金を借り入れし難いといった事態が今後予想されます。

そのため、銀行カードローンを契約する際は必要以上に希望額を高くしないことやより返済計画をより現実的なものとすることが審査を通過する上での重要なポイントになる可能性があります。
また、今借り入れがある方は総量規制と同等の自主規制により、ある日突然返済だけになるリスクもあるため、返済に余裕がある際は利用残高を減らしておくことがおすすめです。

現在は消費者金融は即日融資が基本です

現在では、消費者金融は基本的に即日融資になります。これは殆どそうですから、よく覚えておくことです。
つまりは、非常に使いやすいことになります。それは間違いないですが、使い過ぎることは避けるべきです。
あくまでどうしても必要な場合のみ、使うべきであるといえます。それこそが最も大事な要素であると言えます。
即日貸してくれる、というのは素晴らしいサービスであることには間違いないですから、常に使えるようにしておくのは対策としてはありです。
いきなりお金が必要になってくることは人生では間々あることです。その時になって金策をするくらいであれば、早めに対策をしておいたほうがよいでしょう。
カードを作っておけば更に早く融資をしてくれる可能性が高くなります。

キャッシングの迅速な審査で借りる

毎月の収入と支出が安定していれば、次の収入のタイミングまでどのようにやりくりをするかもある程度経験的に身に付いてきます。しかし想定していない出費ができると、大幅に予定が狂ってしまい、生活が困難になってしまうことがあります。

そんな急な出費の時だからこそ利用したいのがキャッシングです。お金が必要な時というのは、あまり時間をかけて工面をする余裕もありません。しかしキャッシングなら、申し込みと同時にとても速やかな審査となるので、借り入れまでの期間がとても短くて済みます。

たまに審査があるからといって、申し込みに虚偽をしてでも何とか借りようとしてしまう方がいます。しかし審査の段階で発覚すれば借り入れができなくなってしまいますし、今後にも支障が出るので、正直に申し込みましょう。仮に虚偽で審査を通過できたとしても、身の丈以上の借り入れをしてしまうと、返済がとても辛いことになってしまいます。

すぐにお金を借りたいときだからこそ、正直に審査を受けて、必要とする金額を借りるようにしましょう。無理なく計画的に返済をすればいいので、すぐにお金が必要でどうにもならないときには、キャッシングを上手に利用するようにしましょう。

キャッシングの返済は最低額でも大丈夫なの?

キャッシングを利用したら、次は返済についてじっくり考える必要があります。キャッシングの場合、負担の少ない返済をすることができますので10万円程度の借入なら毎月の返済額は3千円程度に抑えることができます。お金に困っている時は返済額が少ないほうが助かりますね。返済額からはまず利息分が引かれて、その残りが元本に充当されるのです。

例えば10万円を年利18%で借りて3千円の返済ですと完済するまでに51ヶ月、トータルの返済額は15万円を超えてしまうのです。つまり月々の負担は小さいけれど、長期に渡るほど支払う利息は増えてしまいます。

ですから最低額を返済すればいいとは言い切れません。お金に余裕がある時には多目に返済をして、キャッシングの残高を少しでも減らすようにしなくてはいけません。毎月の返済日に多目に返済する方法でも良いですし、ボーナスや臨時収入があった時にまとめて返済しても良いですね。

ただお金が厳しい時にまで無理にたくさん返済する必要はありません。無理に返済することはまたキャッシングを利用することにもなりかねませんので、計画的に焦らずじっくり返済をして確実にキャッシング残高を減らしていくことがキャッシングと上手に付き合っていくコツです。

おまとめローンの代わりに銀行カードローンを利用する

貸金業法で定められた総量規制の例外として、おまとめローンという商品ならば、消費者金融であっても年収の1/3を超えた借入が可能です。おまとめローンは、利息制限法に定められた上限金利が段階的に借入額が大きいほど制限が厳しくなることを利用し、100万円以上の利用残高時に15%の上限金利となることを利用した債務者にとって一方的に有利な借り換えに該当します。

100万円以下では上限金利が18%に設定されているので、3%程度の金利引下げ効果がおまとめローンには認められるからです。しかし、おまとめローンを利用すると、他社借入からの借り換え目的以外には使用できないので、他社契約は解約を前提に話しが進められます。解約を求められなかったとしても、おまとめローン完済までは追加借入が出来ない点に注意が必要です。

一方、銀行法による貸付が行われている銀行カードローンは、貸金業法とは異なる法律による貸付ですから、総量規制対象外です。返済能力が十分にあれば、大きな利用可能枠を設定してもらうことが出来るだけでなく、金利設定も消費者金融よりも低くなる傾向にあります。

銀行カードローンで大きな利用可能枠を確保出来れば、高金利な消費者金融からの借り換え先として利用可能です。銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして利用すれば、少なくとも利用限度額の範囲内で追加借入が可能となり、いざという時の急な出費にも対応可能となるメリットがあります。

専業主婦のキャッシング審査のポイントとは

最近ではキャッシングを考える専業主婦が非常に多くなっているとされています。例えば冠婚葬祭などの急な出費などがありますし、その他にも近所付き合いやママ友達と食事したりなど家計のやり繰りでは対処しきれないほど出費がかさむケースは多々見られます。

また近年の不景気もそれに拍車をかけていて、中には貯金を切り崩してその出費に充てている方もいらっしゃいます。したがって急場をしのぐためにキャッシングを考える専業主婦の割合は年々増加傾向にありますが、専業主婦の中にはキャッシングできないと考えている方が多くなります。

実際に多くの消費者金融では専業主婦への貸し付けを行っていませんが、この場合はあくまでも消費者金融と言う事がポイントになります。と言うのも消費者金融には総量規制という貸金業者への法律が定められていますので、収入のない専業主婦には貸し付けできなくなっています。

なので、この場合は貸金業ではない銀行系カードローンならばキャッシングが可能になると言えます。また最近では女性向けのサービスなども盛んに行われていますので、専業主婦がキャッシングを考えた場合には何よりも最初に銀行系カードローンを申し込んだ方が良いとされています。

キャッシングの返済について知っておくべきこと

キャッシングの返済については金利の高低ばかりが話題になります。もちろん、キャッシングの利用について金利は金融業者の比較などに重要な要素であることは否定することはできませんが、あまり大きくない金額のキャッシング利用では金利よりも返済期間を重視するほうが利息額をすくなくできることになります。

住宅ローンや自動車ローンなどの長期に渡る返済が必要であるような金融商品では金利は何よりも重視する必要があります。しかし、キャッシングで利用する金額では少々無理をしても短期で返済してしまう方がよっぽど自分にとって得であるということです。

特にキャッシングの返済はリボリビング返済が多いので、長く返済することは利息額が膨大に膨らむことを意味しています。もし、あまり月々の返済額を多くすることに自信がないということであれば、返済に余裕があるときには繰上げ返済を利用することだけは心得ておきましょう。

キャッシングの返済における繰上げ返済には手数料がかからないことがほとんどです。繰上げ返済できるお金をもっているのに、繰上げ返済をしないということは愚かなことであるという認識を持ちましょう。キャッシングの返済はさっさと済ませるのが鉄則です。

銀行カードローンの金利設定は将来の増額申込みに期待を持てる

銀行カードローンの申込みを行なう際には、自信の職業や勤続年数だけでなく加入して欲しいと銀行側が考えている属性に入っているかどうかを事前に調べてから手続きを行なうと良いでしょう。なぜなら、銀行カードローンは、個人の信用力に応じた金利設定を行っている銀行が多いので、利用規約に表示されている設定金利幅の中で上限に貼り付いた金利設定にされていなければ、将来の増額申込みに期待が持てるからです。

銀行カードローンの増額申込みは、増額インビテーションが銀行側から提示されない限りは厳しいとされています。銀行インビテーション無しに自ら増額申込みを行なうことは出来るものの、審査に通貨するためには増収となった収入証明書を提出するなどの努力を行わない限り難しいでしょう。

初めて取り引きを行なう銀行に対して、銀行カードローンを申し込んだ際には、最初の半年から1年だけは様子見のために利用限度額を低めの50万円や100万円に設定するケースは少なくありません。ただし、将来の増額申込みを想定している場合には、金利設定だけは最初から低くしていることが多いので、低金利設定を受けられた場合には脈アリとして1年程度はしっかりとした返済を行なうことが望ましいでしょう。