おまとめローンの代わりに銀行カードローンを利用する

貸金業法で定められた総量規制の例外として、おまとめローンという商品ならば、消費者金融であっても年収の1/3を超えた借入が可能です。おまとめローンは、利息制限法に定められた上限金利が段階的に借入額が大きいほど制限が厳しくなることを利用し、100万円以上の利用残高時に15%の上限金利となることを利用した債務者にとって一方的に有利な借り換えに該当します。

100万円以下では上限金利が18%に設定されているので、3%程度の金利引下げ効果がおまとめローンには認められるからです。しかし、おまとめローンを利用すると、他社借入からの借り換え目的以外には使用できないので、他社契約は解約を前提に話しが進められます。解約を求められなかったとしても、おまとめローン完済までは追加借入が出来ない点に注意が必要です。

一方、銀行法による貸付が行われている銀行カードローンは、貸金業法とは異なる法律による貸付ですから、総量規制対象外です。返済能力が十分にあれば、大きな利用可能枠を設定してもらうことが出来るだけでなく、金利設定も消費者金融よりも低くなる傾向にあります。

銀行カードローンで大きな利用可能枠を確保出来れば、高金利な消費者金融からの借り換え先として利用可能です。銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして利用すれば、少なくとも利用限度額の範囲内で追加借入が可能となり、いざという時の急な出費にも対応可能となるメリットがあります。

銀行カードローンの金利設定は将来の増額申込みに期待を持てる

銀行カードローンの申込みを行なう際には、自信の職業や勤続年数だけでなく加入して欲しいと銀行側が考えている属性に入っているかどうかを事前に調べてから手続きを行なうと良いでしょう。なぜなら、銀行カードローンは、個人の信用力に応じた金利設定を行っている銀行が多いので、利用規約に表示されている設定金利幅の中で上限に貼り付いた金利設定にされていなければ、将来の増額申込みに期待が持てるからです。

銀行カードローンの増額申込みは、増額インビテーションが銀行側から提示されない限りは厳しいとされています。銀行インビテーション無しに自ら増額申込みを行なうことは出来るものの、審査に通貨するためには増収となった収入証明書を提出するなどの努力を行わない限り難しいでしょう。

初めて取り引きを行なう銀行に対して、銀行カードローンを申し込んだ際には、最初の半年から1年だけは様子見のために利用限度額を低めの50万円や100万円に設定するケースは少なくありません。ただし、将来の増額申込みを想定している場合には、金利設定だけは最初から低くしていることが多いので、低金利設定を受けられた場合には脈アリとして1年程度はしっかりとした返済を行なうことが望ましいでしょう。