総量規制対象外のカードローンは有利です

貸金業法を法的基盤として貸付を行っている金融業者には、消費者金融や信販会社があります。総量規制が導入されたことにより、年収の1/3を超える貸付が原則として禁止されて、他社を含めた総借入額の把握を審査時だけでなく継続融資時にも行わなければなりません。利用者にとっても、総量規制導入に伴い利用限度額が制限されてしまい、必要な時に必要な金額を借入れ出来ない事態が発生しています。

総量規制が導入された背景には、多重債務者を生んでしまった過去の過剰貸付が原因とされています。しかし、グレーゾーン金利として利息制限法を上回り出資法による規制以下の金利で貸付が行われていたことの方が問題であって、実際に返済能力に問題が無かった人に対しても総量規制により貸付制限が行われるようになってしまいました。

貸金業法以外の法律に基づき貸付を行っている銀行カードローンや信用金庫カードローンでは、総量規制対象外ですから審査に通過すれば年収の1/3を超える借入れが出来ます。総量規制対象外のカードローンは、利息制限法で定められた上限金利を遥かに下回る低金利融資が行われていることも多く、最初から総量規制対象外のカードローンへ申込み審査に通過出来れば、消費者金融や信販会社からの借入れを利用する必要が無くなるでしょう。

専業主婦は総量規制があるから借り入れはできない?

消費者金融などから借り入れを行う際に、専業主婦の方や収入が低い方は「総量規制」という制度により借り入れを行うことが難しくなってしまう場合があります。

果たしてこの「総量規制」とはどんな制度なのでしょうか。

総量規制は、個人で借り入れを行う場合に、借り過ぎにより返済が困難になることのないように「借り入れ額は、年収の1/3まで」と定めたルールです。ローンの種類によって一部例外もありますが、基本的には消費者金融やクレジットカード会社から借り入れを行う際にはこの「総量規制」が適用されます。

これにより、収入のない専業主婦や無職の方、収入の低い方は借り入れを行うことができなくなってしまう場合があります。ただし総量規制はすべての金融機関を対象に行われるわけではありません。総量規制は貸金業法という法律の中にある制度なので、貸金業者ではない金融機関であれば総量規制の制限を受けることなく借りを行うことができます。

総量規制対象外となる金融機関のひとつが銀行です。銀行カードローンは専業主婦の方でも総量規制の対象にならないので申し込むことができますし、借り入れ額が年収の1/3以上でも借りることができます。ただしそれとは別に審査がありますので、審査を通過することで初めて借り入れを行なうことができるのです。

銀行系カードローンは総量規制対象外

いろいろな消費者金融に借り入れがあって、年収との関係からこれ以上は借りられないのではないかと悩まれている方には銀行系カードローンをおすすめします。消費者金融の与信枠が少なく、すぐに借りられなくなってしまうのは借入総額が年収の3分の1までに制限される総量規制の影響を受けるためです。

返済実績も申し分なく、今後も継続して利用して欲しいと金融会社側が考えていても総量規制によって貸し出しが禁じられてしまいます。ところがこの規制を受けるのは貸金業法によって規制を受ける消費者金融のみで、銀行法に基づいて設立されている銀行は貸金業法の規制を受けないため、総量規制対象外となります。

そのため、銀行側が問題ないと判断すれば年収の3分の1を上回る限度額を設定してもらうことが可能です。銀行系カードローンは金利も安く設定されていることが多く、消費者金融からの借り換えを前提としたプランなども用意されているため、いままでよりも大きな利用可能枠を設定してもらえた上に月々の返済金額を減らすことが出来るという一挙両得な状況にすることも夢ではないかもしれません。