カードローンの無利息キャンペーンは細かい違いに着目しよう

カードローンの申込みを行なう際に、金利がほとんど似通っていれば、他の部分を比較して申込み先を決めることになるでしょう。返済方法に着目すれば、残高スライドリボルビング方式よりも定率返済を好む人も少なくありません。しかし、もっと身近な違いとして、無利息キャンペーンの提供有無があります。

借入れ開始直後は、苦しい経済状態から借入れを行っているので、例え30日間であっても、無利息期間が設けられていることは利用者にとって好ましいことと言えるでしょう。問題となるのは、同じ30日無利息キャンペーンであっても、根本的な部分で異なった施策が行われていることが多い事実です。

具体的には、カードローンの30日無利息キャンペーンは、審査に通過した日を基準として無利息期間がスタートしてしまうと、期間に余裕を持って申込みを行なった人が損をします。なぜなら、初回借入日から30日間無利息キャンペーンならば、無利息期間をまるまる30日享受出来ますが、審査通過時から30日という無利息キャンペーンでは、即日借入れを行わない限りは無利息期間が短くなってしまいます。

一見すると同じキャンペーンに見えて、実質的な無利息期間に差が出てしまうことは、注意深く利用規約を熟読した上で申込みを行わなければならないことを物語っているでしょう。

知らなきゃソン!「無利息のカードローン」

「おトクにお金を借りたい」「親戚や親に迷惑をかけずに、お金を借りたい」そんな方からも注目されているのが「無利息カードローン」の存在です。
無利息のカードローンは、一定の期間であれば、利息がフリー、つまりタダで借りられるというメリットがあります。

親戚や兄弟、両親や奥さまなどにもバレることなく、こっそりお金を拝借することができます。期間内に返却をキチンとおこなえば、利息がフリー。
まとまった金額でも、スピーディーに借り入れを進めることができますよ。

「知り合いのお葬式、香典を包むお金を借りたい」「突然の病気、入院費用が足りない」「子どもの進学資金を一時的に借りたい」「給料日前の飲み会、お金が足りない」こんな時でも大丈夫、無利息のカードローンがあなたを応援してくれますよ。

また無利息のカードローンを借りる場合には、ちょっとした注意点もあります。

それは「無料の期間内にキチンと返済を済ませる」ことです。当然ですが無料の期間がすぎると、利息が発生します。
返済日をウッカリ忘れていると、あとから、とんでもない金額を請求されることもあります。

返済日はカレンダーメモやスマホのスケジュールにきちんと記載して、返し忘れのないように気をつけましょう。