専業主婦のキャッシング審査のポイントとは

最近ではキャッシングを考える専業主婦が非常に多くなっているとされています。例えば冠婚葬祭などの急な出費などがありますし、その他にも近所付き合いやママ友達と食事したりなど家計のやり繰りでは対処しきれないほど出費がかさむケースは多々見られます。

また近年の不景気もそれに拍車をかけていて、中には貯金を切り崩してその出費に充てている方もいらっしゃいます。したがって急場をしのぐためにキャッシングを考える専業主婦の割合は年々増加傾向にありますが、専業主婦の中にはキャッシングできないと考えている方が多くなります。

実際に多くの消費者金融では専業主婦への貸し付けを行っていませんが、この場合はあくまでも消費者金融と言う事がポイントになります。と言うのも消費者金融には総量規制という貸金業者への法律が定められていますので、収入のない専業主婦には貸し付けできなくなっています。

なので、この場合は貸金業ではない銀行系カードローンならばキャッシングが可能になると言えます。また最近では女性向けのサービスなども盛んに行われていますので、専業主婦がキャッシングを考えた場合には何よりも最初に銀行系カードローンを申し込んだ方が良いとされています。

専業主婦は総量規制があるから借り入れはできない?

消費者金融などから借り入れを行う際に、専業主婦の方や収入が低い方は「総量規制」という制度により借り入れを行うことが難しくなってしまう場合があります。

果たしてこの「総量規制」とはどんな制度なのでしょうか。

総量規制は、個人で借り入れを行う場合に、借り過ぎにより返済が困難になることのないように「借り入れ額は、年収の1/3まで」と定めたルールです。ローンの種類によって一部例外もありますが、基本的には消費者金融やクレジットカード会社から借り入れを行う際にはこの「総量規制」が適用されます。

これにより、収入のない専業主婦や無職の方、収入の低い方は借り入れを行うことができなくなってしまう場合があります。ただし総量規制はすべての金融機関を対象に行われるわけではありません。総量規制は貸金業法という法律の中にある制度なので、貸金業者ではない金融機関であれば総量規制の制限を受けることなく借りを行うことができます。

総量規制対象外となる金融機関のひとつが銀行です。銀行カードローンは専業主婦の方でも総量規制の対象にならないので申し込むことができますし、借り入れ額が年収の1/3以上でも借りることができます。ただしそれとは別に審査がありますので、審査を通過することで初めて借り入れを行なうことができるのです。