アコムのカードローンの契約に必要なもの

アコムのカードローンは銀行カードローンのように口座開設は不要でできますし、契約の際に必要となるものを非常に少ないため、快適に契約ができます。具体的にはどのようなものが必要になるのかについて確認していきましょう。

まず必須となるのが運転免許証や健康保険証などの本人確認書類になります。なお健康保険のように顔写真が入っていない書類を利用する場合には住民票などの補助資料を合わせて提出する必要がある点に注意が必要です。

また利用限度額が50万円を超える申込みをした場合には源泉徴収票などの収入証明書類も必要となります。もしも収入証明書類の提出が面倒だという場合には利用限度額が50万円を超えないようにして申込みをすると良いでしょう。

口座が無くても契約できますが、あった方が断然便利です

どなたでも銀行口座の一つはお持ちでしょうが、やはりメガバンクのいずれかとゆうちょ銀行はお持ちの方が多いことでしょう。このブログ的にはゆうちょ銀行は、自前でカードローンがないので除外します。そこでメガバンクの口座をお持ちなら、そのメガバンクのカードローンを利用するのが便利です。

例えば三井住友銀行カードローンでは、口座があれば本人確認書類の提出は不要ですし、キャッシュカードをローンカードとして使えます。ただしゆうちょ銀行のATMを手数料無料で利用したいなら、カードローンは作成した方がいいでしょう。

この三井住友銀行カードローンは別に当行の口座が無くても契約できます。ネットバンクのようにカードローンの申し込みと同時に作成する義務もありません。三井住友銀行カードローンは提携するATMが多く、主要なコンビニATMが無料で使えるので別に口座がなくても不便ではありません。

しかし口座振替で返済するなら、当行口座が必要となります。さらにSMBCダイレクトというインターネットバンキングサービスに加入していれば、いつでも手数料無料で返済可能です。口座がなくても振り込みで返済可能ですが、ATM手数料の数倍高い振り込み手数料がかかるのでオススメできません。

やはり当該銀行の口座がある銀行カードローンが相性抜群で、利便性が高いのです。