専業主婦は総量規制があるから借り入れはできない?

消費者金融などから借り入れを行う際に、専業主婦の方や収入が低い方は「総量規制」という制度により借り入れを行うことが難しくなってしまう場合があります。

果たしてこの「総量規制」とはどんな制度なのでしょうか。

総量規制は、個人で借り入れを行う場合に、借り過ぎにより返済が困難になることのないように「借り入れ額は、年収の1/3まで」と定めたルールです。ローンの種類によって一部例外もありますが、基本的には消費者金融やクレジットカード会社から借り入れを行う際にはこの「総量規制」が適用されます。

これにより、収入のない専業主婦や無職の方、収入の低い方は借り入れを行うことができなくなってしまう場合があります。ただし総量規制はすべての金融機関を対象に行われるわけではありません。総量規制は貸金業法という法律の中にある制度なので、貸金業者ではない金融機関であれば総量規制の制限を受けることなく借りを行うことができます。

総量規制対象外となる金融機関のひとつが銀行です。銀行カードローンは専業主婦の方でも総量規制の対象にならないので申し込むことができますし、借り入れ額が年収の1/3以上でも借りることができます。ただしそれとは別に審査がありますので、審査を通過することで初めて借り入れを行なうことができるのです。

借り入れはまずは銀行ローンで

銀行ローンは、消費者金融よりも金利が安く借り入れができます。

銀行ローンは信用ができる、安心ができる、金利が安い、とメリットがありますが銀行によっては即日融資ができなかったり、と融資速度に難がある場合もあります。

キャッシングをしたい、と思い立ったらまずは銀行ローンでの借り入れがお勧めです。

消費者金融キャッシングと銀行カードローンとなると金利に大幅な差が出てしまうためです。

即日で借り入れたい、一時間以内に借り入れたい、と時間に焦っている人は銀行カードローンよりも素早い融資を売りにしている消費者金融にて借り入れを行います。

銀行ローンのサービスも各銀行で異なるために、比較サイトを閲覧してみるといいでしょう。

比較サイトにおいては、各銀行のメリットデメリットが一目で分かるようになっています。

有名コンビニ銀行や、インターネット銀行でもキャッシングができるために、イメージで借入先を選ぶのも良いでしょう。

消費者金融でお金を借り入れ、もし返済ができなければ遅延損害金を支払ったり、金利のみの支払いで許可してもらったり、と少々の融通がききますが銀行となると、一度でも返済が遅れてしまえば後に借り入れができなくなってしまう場合が多いです。

消費者金融は敷居の低さを売りにしており、銀行で借り入れできなくなった人に向いています。

お金を借り入れるならば、まずは銀行ローンに申し込み、それでも通過しなかったら消費者金融で借り入れる、と順序を踏むと良いでしょう。

普段お金を預けている地方銀行でも、ローンサービスを行なっています。