学生のキャッシングは中小消費者金融が狙い目です

貸金業者が行っているカードローンは、共通して満20歳以上で安定した収入がある人という制限が入っています。学生であってもレギュラー雇用されているアルバイトで安定した収入があることを証明出来れば、キャッシングが可能です。

しかし、未成年者に対して貸付を行っている貸金業者は、銀行は勿論のこと消費者金融であってもほとんどありません。なぜなら、民法では未成年者が単独で行なった契約は、後で親権者が取り消すことが可能という規定があるからです。リスクを冒してまで貸付を無理に行なうことを避ける傾向があります。

未成年者の学生が一切キャッシング出来ないと困ることもあるでしょう。中小消費者金融の中には、身元がしっかりしている地元の大学に通う学生に対して、学生ローンという形態で貸付を行っている所があります。

大手消費者金融との差別化という狙いがありますが、未成年者であってもしっかりと審査を行なうことで、自社で貸付基準を満たす人に対しては積極的に貸付を行なう方針の中小消費者金融は、就職した後であっても継続して利用する人が少なくありません。

学生ローンを手掛けている実績と審査を自社で行っているために実現出来るわけです。金利は決して低く無いものの、学生のキャッシング先として地元の中小消費者金融を探してみると良いでしょう。

キャッシングの返済は、毎月しっかりと元本比率を高めよう!

キャッシング契約の中には、毎月の返済額が最低2000円からというものも増えています。また、50万円以下の返済額は最低10000円の定額になっていることも少なくはありません。しかし、10万円毎に2000円が加算される返済方式や利用残高の比率に対し、返済額が少ない場合は最小返済額は避けるのが得策です。

これは、返済期間が長期化し、総返済額を大幅にアップさせてしまう危険性が高くなります。特に残高リボルビングスライド方式の場合、利用残高が多いほど利息が高くなり、へ毎月の返済額に対する元本比率が非常に低くなってしまいます。そして、最低返済額で返済を継続してしまうと元本が殆ど減らず、利息だけを支払うというリスクがあります。

そのため、予め返済計画を立て、『10万円の借り入れであれば1年以内で返済する」、『50万円なら2年ないしは3年以内に返済する』といったことが重要になります。例えば50万円を年利14.8%で借り入れし、最低返済額10000円で返済した場合、完済までに7.7年となり、総返済額も40万円程アップしてしまいます。

50万円の借り入れ、90万柄の返済になるのでは、早期に返済に浮いた利息分を貯蓄に廻す方が断然お得になります。返済額を10000円から15000円にアップするだけで、返済期間も大きく変わり、返済に悩むことも少なくなります。

キャッシングの比較は顧客満足度を反映したサイトを利用するべし!

銀行系、大手消費者金融や信販会社、そして中小消費者金融のキャッシングについてはインターネットの普及により簡単に口コミを確認することが出来ます。しかし、比較サイトで重要なのは顧客満足度であり、審査申し込みに対する比較よりも利用者の意見を反映していることが重要です。

そもそも、審査が通過した人は良い評価をしますし、通過しなかった人は悪い評価を行います。ですが、これはあくまで融資出来るか出来ないかの情報であり、実際に重要な利用時の情報が含まれていません。

そこで、比較する際に一番参考となるのが、実際に契約して借り入れを行った経験からの顧客満足度調査であり、この満足度内で問題を抱えるキャッシングについては注意を行う必要があります。例えば、審査通過した後から貸金業者からの電話が増えた、ダイレクトメールが自宅に送付されるようになったという内容には警戒することが重要です。そもそも、ダイレクトメールは家族に借り入れを知られる原因になります。また、電話については顧客情報が漏れているという危険性を指摘できます。

もし、比較サイトでこのような情報を見掛けた際は契約申し込みに注意することをおすすめします。

キャッシング契約したいんだけど時間が無い場合どうすればいいの?

キャッシングの契約を検討する際、一番問題となるのが時間だと考えます。時間と言っても様々な要素があり、『有給休暇を取得する日』、『契約のために窓口へ赴く時間』、『契約に掛かる時間』と様々なものがあります。

利用を検討または実際に契約する際、わざわざ1時間程度の手続きのために貴重な有給休暇を使用するのは躊躇うものとなり、休むなら家族サービスや心身を休める行為に費やしたいと考えます。例え、1時間程度のキャッシング契約時間だとしても、基本的には拘束状態となる上、審査通過するかと言う不安もあります。

そこで、オススメな方法がインターネット通信を利用した審査および契約方法です。これならば、有給休暇を取得する必要が無い上、いつでも審査・契約の申込が出来ます。また、審査結果についてはメールによる連絡となるため、わざわざ勤務中に電話に出る必要も無くなります。そもそも、勤務中に電話が掛かってきても折り返しの連絡は、17時を過ぎる可能性があり、キャッシング申込先の営業時間外となります。ここでもまた、時間という要素が大きく影響します。

しかし、インターネットを利用した申込は、即時審査が完了するわけではないものの、申込・審査・契約に掛かる時間を大きく削減することが出来ます。

キャッシングの本人確認が難しい場合

派遣をやっているとキャッシングに申込した時本人確認の電話が難しい場合が多いですよね。

自分は社員にならず派遣で35歳になってもやっているのですが、本人確認が難しいので今までキャッシングやローンなどで借りたことがなかったんです。

しかし、どうしても彼女の誕生日にお金が必要で、CMでプロミスの宣伝をみてネットで内容を確認してみると、

本人確認が難しい場合は社員証などでも大丈夫とのことだったのでさっそく申込をしてみることにしました。

今、自分が勤めている会社は電話はあるのですが基本社員が電話にでるようになっており、派遣で個人宛の電話は受付ないスタイルなんです。

申込をしてからプロミスの担当の方から電話あり、その時に本人確認が難しい旨を伝えると、

本人がそこで働いている証明書があれば問題ないとのことで、社員証をスマホで撮影し画像をプロミスのサイトよりアップし審査結果を待ちました。

審査結果は無事に通り、その後カードが発行され郵送されるみたいで、カードの到着が楽しみです。

やはり最近は派遣が多いので消費者金融も柔軟に対応しているのでしょうね。

証明書は聞いたところ、社員証か保険証または直近の給料証明書などが対象なようです。

キャッシングの際に行われる審査

キャッシングを申し込んだ場合、お金を借りられるようになる前に、必ず審査が行われます。貸す側の消費者金融やカードローン会社にしてみれば、貸したお金が必ず返ってくる、ということを確認することが、当然、必要だからです。では、この審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。まず、申込者が申込書に記入した氏名や住所が正確かどうかが確認されます。

これは一般に、本人確認と呼ばれています。そして、この本人確認は、申込者の運転免許証か健康保険証、またはパスポートを、申込書の記入内容と見比べることによって行われます。それで、キャッシングを申し込みに行く時には、これら身分証明書になる書類のうちどれか一点を、忘れずに持って行きましょう。次に、審査ではもう一つ、申込者に一定の収入があるかどうかということが確認されます。これは、在籍証明と呼ばれています。では、この在籍証明はどのようにして行われるのでしょうか。

それは、申込書に記入された勤務先の電話番号に、実際に電話することによって行われます。こう聞くと少し不安になるかもしれませんが、この電話で消費者金融の名前が出されることはありませんので、勤務先にキャッシングのことが知られる恐れはありません。それで、勤務先の電話番号も調べておいて、正確に記入するようにしましょう。これまでに述べた本人確認と在籍証明が無事に終われば、キャッシングを利用することが出来るでしょう。

キャッシングで増額申込みをしたい時に

カードローン、キャッシングで借り入れ申請をしたものの、考えていたよりお金が必要になってもう少し借り入れが必要になった、という事はあながちない事ではありません。

特に旅行先や親類縁者の冠婚葬祭などは意外な出費が重なったりするものです。

では、そんな時にいそいで増額申込みは出来るのでしょうか?

これはカードローン会社によって手続きが違うようですが、プロミスなどの場合は限度額内なら当日に増額申込みも可能のようです。

しかもインターネットで手続きが出来て、店頭に行く必要もありません。

出先で急に、という事になったとしてもこれなら心強いですね。

ただし、増額申込みが限度額の50万円を越える場合や他での借り入れも合わせて100万円を越える場合には収入証明書が必要になって来るので注意が必要です。

申し込み自体はとても簡単で、とりあえずプロミスを例にすると、会員サービスサイトにログインして増額申込みをして、その希望限度額と連絡先を打ち込むだけで自分からやるべき事は完了します。

その後カードローン会社から確認が来て、必要な手続きを説明された通りにやればOKなのです。

基本的には銀行系以外は限度額内なら増額申込みには寛容のようです。

ただ、どうしても余計な手間が必要になってしまうので、出来れば最初の申し込みの時にある程度余裕を持たせて借りた方が良いかもしれません。

とは言え、利息の事を考えればどうしてもギリギリで申し込んでしまいますよね。

いざという時に慌てないように、急にお金が必要になる場合の事も考えて、自分の借りる会社では増額申込みについてどういう手続が必要なのかを事前に調べておくと良いと思います。

キャッシングの審査は難しくない

キャッシングに興味はあっても審査が難しいのではと諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近ではコマーシャルでもキャッシングについての、情報を耳にする事ができるようになっています。

ほとんどの方が気軽に利用できるように配慮されているのです。

しかし具体的な利用の仕方を知らない方もいらっしゃるはずです。

昔より改良されたポイントはたくさんありますが、その一つ目はインターネット上でやり取りができるようになったという事です。

ローン会社の方と顔を合わせたり、直接話をするという必要がなくなっています。

インターネットともちろんパソコンだけではありません。

携帯電話からの申し込みや契約も可能です。

まずは申し込みをして審査に移りますが、審査も特別に難しいものではありません。

お金を借りて返すという事が前提になりますので、それだけの信用性があるかをチェックされる事になるのです。

その為に正社員という形態が有利となりますが、パートや主婦の方でも利用できるキャッシングが増えていますから心配する必要はありません。

後は審査に必要な項目に沿って正しく答えていけば、審査の結果を待つだけです。

その日の内に借り入れが可能となっているローン会社もたくさんありますから、急いでいる方はそうしたローン会社で申し込む事をおすすめします。

ローン会社は似ているようで、それぞれ独自のサービスや違いもあります。

たくさんの情報から選んだローン会社なら、よりキャッシングも利用しやすくなるのではないでしょうか。

キャッシングの審査

急に現金が必要な時というのがあるものです。

その時のために、いつでもキャッシングする手立てがあればとても便利です。

イザという場合に備えておくと、とても便利です。

そのキャッシングにも使うための審査があります。

大抵は審査に通るものですが、キャッシングを行っている金融機関で厳しい所、簡単に通る所があります。

消費者金融等は、比較的にスムーズに通るかと思われますが、銀行系のカードローンでは、それなりの審査があり時間がかかることも

しばしばです。

とは言うものの、利便性や金利の違いを見てみると銀行系カードローンが金利が低いこともあり、審査の難しさだけで選ぶだけでは良し悪しは

言えないものです。

銀行系ローンの場合、色々なATMコーナーでキャッシングできるのも使い勝手がいいのです。

最近は、クレジットカードでもキャッシングができることもありますが、

そのあたりを考慮した選択が必要になってくるでしょう。

審査に通るためには、日頃の決済で支払遅延を起こさないようにすることが必要です。

クレジットカードによる決済で引き落としの際に、延滞が発生した後の審査では合格が難しいこともあるからです。

よって、キャッシングできるための準備においては、審査だけではなく色々な面からの検討が必要になってくると思われます。