カードローンの利用限度額と増額申込みについて

カードローンの審査に通ったけれども、利用限度額が希望金額よりも低くてがっかりした、という話を聞くことがあります。

カードローンでは、1人1人に対して利用限度額が決められます。初めての申し込みでは50万円未満になるのが一般的です。

この利用限度額は、後日増額申込みをすることができます。

増額申込みでは再び審査があり、それまでの利用状況や返済状況の他、勤め先や住所、年収などに変化がないかといったことが確認されます。

増額申込みのタイミングとしては、半年以上のカードローンの利用履歴があること、その間に返済の延滞をしていないこと等が見極めのポイントとなります。増額申込みをして審査に落ちてしまうと、当分は申し込みが出来なくなってしまいます。

増額申込みは、返済を滞らせないように気を付けることから始まると言えそうです。

審査が甘いと言われる地方銀行カードローンには危険もあります

最近スルガ銀行が、シェアハウス事業を転換する会社が通帳を改ざんしているのを知りながら過剰融資していたことが発覚し、問題視されています。中には年収が400万円ほどしかないのに1億円もの融資を受けている人もいるそうです。私は借りる方にも問題があると思いますが、皆さんはどう思われるでしょうか?

ちなみにカードローンでも同じようなことが行われているケースがあるようです。大手はそんなずさんな審査はしませんが、経営の怪しい地方銀行は普通の審査では通らないような申込み者でも通してしまうケースも多いようです。

一見審査に通ってラッキーかと思いがちですが、後で返済できずに泣きを見るのは利用者の方です。ですから本当に借入が必要かどうか、計画的に返済できるかよく考えた上で契約しましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行カードローンは勤務先に電話をかけて在籍確認をしますが、職場の上司や同僚にお金を借りる事がバレてしまうのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。そこでみずほ銀行カードローンの在籍確認について見ていく事にしましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は最初に勤務先に電話をかけますが、みずほ銀行と名乗るのでカードローンを利用する事は分かりません。それで在籍確認が取れたらその時点で終了となって審査が可決されます。しかし勤務先に電話をかけた時に誰も出ないようだと在籍確認が取れないので審査が完了しません。

電話をかけてきた時に誰かしらが出られるようにしておく必要があります。申し込みをする時に在籍確認の電話をかけてほしい時間帯を銀行側に伝えておくといいでしょう。

カードローンの増額申込みのタイミングについて

カードローンの審査に通ると、1人1人に対して利用限度額が決まります。この限度額は、必ずしも希望通りとはならず、初めて申し込んだ場合は30万円程度に決まることが多いようです。中には、審査には通ったものの、10万円に決まってがっかりした、という人もいます。

カードローンを利用していて、もう少し借りたいという場合には、増額申込みをすることができます。

増額申込みをすると、再度審査があるので、タイミングが大切になってきます。条件としては、カードローンの利用を初めて半年以上たっている、その間一度も滞納したことがなく、返済日をきちんと守っている、他社から借りていない、転職や引っ越しをしていない、等が挙げられます。

一度審査に落ちると、当分増額申込みはできなくなります。申し込みのタイミングには十分注意しましょう。

アコムのカードローンの契約に必要なもの

アコムのカードローンは銀行カードローンのように口座開設は不要でできますし、契約の際に必要となるものを非常に少ないため、快適に契約ができます。具体的にはどのようなものが必要になるのかについて確認していきましょう。

まず必須となるのが運転免許証や健康保険証などの本人確認書類になります。なお健康保険のように顔写真が入っていない書類を利用する場合には住民票などの補助資料を合わせて提出する必要がある点に注意が必要です。

また利用限度額が50万円を超える申込みをした場合には源泉徴収票などの収入証明書類も必要となります。もしも収入証明書類の提出が面倒だという場合には利用限度額が50万円を超えないようにして申込みをすると良いでしょう。

キャッシングとカードローンの金利と審査を比較!

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは見た感じでは同じように思えるかと思いますが、比較するとかなり異なる点があります。しっかり比べてから審査申し込みをすることをオススメします。

例えば金利面です。銀行のカードローンは金利が低く消費者金融のキャッシングは金利が高いと思っている方が多いでしょうが、借入額が50万円以下の場合にはほとんど変わらないケースがあります。一方で審査基準はカードローンの方が厳しい傾向がありますので、もし少額での融資を考えていて審査に通るか不安があるならば、キャッシングに申し込むのも良いでしょう。

キャッシング業者の多くは初めての借入の場合に無利息キャンペーンを行っていることもあり、利用することで結果的には銀行カードローンよりも金利面で得をすることが出来るかもしれません。

カードローンの審査に落ちた時個人情報はどうなるの?

個人情報の保護が叫ばれている現在、もしカードローンの審査に落ちてしまったら、申込者の個人情報は破棄されるのでしょうか?
まさか他社に個人情報が流出してDMや電話がかかってきたら怖いことです。さすがに名の通った有名な金融機関ならそのような流出事件は起こらないから安心してください。

ただしカードローンに申し込んだことと、審査に落ちたことは信用情報機関に登録されていまいます。貸金業法で貸金業者は信用情報機関を利用することを義務づけられています。
ちなみに信用情報機関はJICC・CIC・全国銀行個人信用情報センターの3つあり、金融機関はいずれか又は複数の信用情報機関と提携しています。
そして基本的に個人の信用情報はこれらの3つの機関で共有されているのです。ですから申込者がいつ・どこの金融機関に申し込み、審査が通った・落ちたという情報が記録されるなのです。

もしA社で審査に落ちたからといって、慌てて複数の金融機関に申し込むのは止めてください。
なぜなら申込情報は6ヶ月記録され、1ヶ月に3社を超える申込をすると申込ブラックといって、申込不可となってしまうからです。
例えばJICCは消費者金融が、CICは信販会社が多く利用しています。

もし消費者金融で審査に落ちたら、CICを利用する信販会社のカードローンか銀行カードローンに申し込むと審査に通りやすい傾向にあります。

住信SBIネット銀行ユーザーにオススメのカードローン

住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方がカードローンの利用を考えているなら、住信SBIネット銀行カードローンの「MR.カードローン」がオススメです。口座があれば平日限定ですが、即日融資が可能となるからです。ただし専業主婦の方は利用できません。

ネットで申し込んだ後最短60分で仮審査回答をもらえます。その際金利が低く、限度額が大きいプレミアムコースと、一般的なスタンダードコースに分けられます。もしプレミアムコースを希望していたのにかなわなかったら、申し込みをキャンセルできます。その後本審査に通過すると、お持ちのキャッシュカードですぐに借りられるのです。なお主要コンビニATMなら24時間使えて、おまけに手数料は無料となっています。

主流になりつつある「即日融資」

日々の生活をしていると、急にお金が必要になることはよくあることです。しかもそれはまさに「今すぐ」ほしいというケースが多々あるのです。そして、そんな時に限ってお金が手元にはありません。強い味方が「即日融資」ができるカードローンや銀行ローンになります。

このローンは審査はありますが、必要な書類は「源泉徴収票」など自身の収入(所得)が証明できるものがあればよいという非常にシンプルなものがほとんどです。また、借り入れ条件によっては収入証明書が不要になる場合もありますので、確認しておく必要があります。

最も注意しなければいけないことの1つは、やはり「金利」ではないかと思います。即日融資ができるローンですから、金利は高めに設定されています。当然のことではありますが、お金がないからといってやみくもに借りるのではなく、しっかりした返済計画を自分自身の中で作っておくことは非常に重要なことです。

近年、カードローンや即日融資は多くの金融機関が商品として取り入れるようになりました。一昔前と比較すると、ブラックなイメージはなくなり手軽さが前面に出てきています。また、スマートフォンで手続きが完結できるサービスを提供する金融機関が現れるなど、便利さもとても進化しました。しかしそんな時代だからこそ、身の丈に合った利用を心掛け、できることなら利用しないで済むような生活態度を日ごろから身に着けておく必要があるのです。

カードローンの無利息キャンペーンは細かい違いに着目しよう

カードローンの申込みを行なう際に、金利がほとんど似通っていれば、他の部分を比較して申込み先を決めることになるでしょう。返済方法に着目すれば、残高スライドリボルビング方式よりも定率返済を好む人も少なくありません。しかし、もっと身近な違いとして、無利息キャンペーンの提供有無があります。

借入れ開始直後は、苦しい経済状態から借入れを行っているので、例え30日間であっても、無利息期間が設けられていることは利用者にとって好ましいことと言えるでしょう。問題となるのは、同じ30日無利息キャンペーンであっても、根本的な部分で異なった施策が行われていることが多い事実です。

具体的には、カードローンの30日無利息キャンペーンは、審査に通過した日を基準として無利息期間がスタートしてしまうと、期間に余裕を持って申込みを行なった人が損をします。なぜなら、初回借入日から30日間無利息キャンペーンならば、無利息期間をまるまる30日享受出来ますが、審査通過時から30日という無利息キャンペーンでは、即日借入れを行わない限りは無利息期間が短くなってしまいます。

一見すると同じキャンペーンに見えて、実質的な無利息期間に差が出てしまうことは、注意深く利用規約を熟読した上で申込みを行わなければならないことを物語っているでしょう。