カードローンの増額申込みのタイミングについて

カードローンの審査に通ると、1人1人に対して利用限度額が決まります。この限度額は、必ずしも希望通りとはならず、初めて申し込んだ場合は30万円程度に決まることが多いようです。中には、審査には通ったものの、10万円に決まってがっかりした、という人もいます。

カードローンを利用していて、もう少し借りたいという場合には、増額申込みをすることができます。

増額申込みをすると、再度審査があるので、タイミングが大切になってきます。条件としては、カードローンの利用を初めて半年以上たっている、その間一度も滞納したことがなく、返済日をきちんと守っている、他社から借りていない、転職や引っ越しをしていない、等が挙げられます。

一度審査に落ちると、当分増額申込みはできなくなります。申し込みのタイミングには十分注意しましょう。

アコムのカードローンの契約に必要なもの

アコムのカードローンは銀行カードローンのように口座開設は不要でできますし、契約の際に必要となるものを非常に少ないため、快適に契約ができます。具体的にはどのようなものが必要になるのかについて確認していきましょう。

まず必須となるのが運転免許証や健康保険証などの本人確認書類になります。なお健康保険のように顔写真が入っていない書類を利用する場合には住民票などの補助資料を合わせて提出する必要がある点に注意が必要です。

また利用限度額が50万円を超える申込みをした場合には源泉徴収票などの収入証明書類も必要となります。もしも収入証明書類の提出が面倒だという場合には利用限度額が50万円を超えないようにして申込みをすると良いでしょう。

キャッシングとカードローンの金利と審査を比較!

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは見た感じでは同じように思えるかと思いますが、比較するとかなり異なる点があります。しっかり比べてから審査申し込みをすることをオススメします。

例えば金利面です。銀行のカードローンは金利が低く消費者金融のキャッシングは金利が高いと思っている方が多いでしょうが、借入額が50万円以下の場合にはほとんど変わらないケースがあります。一方で審査基準はカードローンの方が厳しい傾向がありますので、もし少額での融資を考えていて審査に通るか不安があるならば、キャッシングに申し込むのも良いでしょう。

キャッシング業者の多くは初めての借入の場合に無利息キャンペーンを行っていることもあり、利用することで結果的には銀行カードローンよりも金利面で得をすることが出来るかもしれません。

カードローンの審査に落ちた時個人情報はどうなるの?

個人情報の保護が叫ばれている現在、もしカードローンの審査に落ちてしまったら、申込者の個人情報は破棄されるのでしょうか?
まさか他社に個人情報が流出してDMや電話がかかってきたら怖いことです。さすがに名の通った有名な金融機関ならそのような流出事件は起こらないから安心してください。

ただしカードローンに申し込んだことと、審査に落ちたことは信用情報機関に登録されていまいます。貸金業法で貸金業者は信用情報機関を利用することを義務づけられています。
ちなみに信用情報機関はJICC・CIC・全国銀行個人信用情報センターの3つあり、金融機関はいずれか又は複数の信用情報機関と提携しています。
そして基本的に個人の信用情報はこれらの3つの機関で共有されているのです。ですから申込者がいつ・どこの金融機関に申し込み、審査が通った・落ちたという情報が記録されるなのです。

もしA社で審査に落ちたからといって、慌てて複数の金融機関に申し込むのは止めてください。
なぜなら申込情報は6ヶ月記録され、1ヶ月に3社を超える申込をすると申込ブラックといって、申込不可となってしまうからです。
例えばJICCは消費者金融が、CICは信販会社が多く利用しています。

もし消費者金融で審査に落ちたら、CICを利用する信販会社のカードローンか銀行カードローンに申し込むと審査に通りやすい傾向にあります。

住信SBIネット銀行ユーザーにオススメのカードローン

住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方がカードローンの利用を考えているなら、住信SBIネット銀行カードローンの「MR.カードローン」がオススメです。口座があれば平日限定ですが、即日融資が可能となるからです。ただし専業主婦の方は利用できません。

ネットで申し込んだ後最短60分で仮審査回答をもらえます。その際金利が低く、限度額が大きいプレミアムコースと、一般的なスタンダードコースに分けられます。もしプレミアムコースを希望していたのにかなわなかったら、申し込みをキャンセルできます。その後本審査に通過すると、お持ちのキャッシュカードですぐに借りられるのです。なお主要コンビニATMなら24時間使えて、おまけに手数料は無料となっています。

主流になりつつある「即日融資」

日々の生活をしていると、急にお金が必要になることはよくあることです。しかもそれはまさに「今すぐ」ほしいというケースが多々あるのです。そして、そんな時に限ってお金が手元にはありません。強い味方が「即日融資」ができるカードローンや銀行ローンになります。

このローンは審査はありますが、必要な書類は「源泉徴収票」など自身の収入(所得)が証明できるものがあればよいという非常にシンプルなものがほとんどです。また、借り入れ条件によっては収入証明書が不要になる場合もありますので、確認しておく必要があります。

最も注意しなければいけないことの1つは、やはり「金利」ではないかと思います。即日融資ができるローンですから、金利は高めに設定されています。当然のことではありますが、お金がないからといってやみくもに借りるのではなく、しっかりした返済計画を自分自身の中で作っておくことは非常に重要なことです。

近年、カードローンや即日融資は多くの金融機関が商品として取り入れるようになりました。一昔前と比較すると、ブラックなイメージはなくなり手軽さが前面に出てきています。また、スマートフォンで手続きが完結できるサービスを提供する金融機関が現れるなど、便利さもとても進化しました。しかしそんな時代だからこそ、身の丈に合った利用を心掛け、できることなら利用しないで済むような生活態度を日ごろから身に着けておく必要があるのです。

カードローンの無利息キャンペーンは細かい違いに着目しよう

カードローンの申込みを行なう際に、金利がほとんど似通っていれば、他の部分を比較して申込み先を決めることになるでしょう。返済方法に着目すれば、残高スライドリボルビング方式よりも定率返済を好む人も少なくありません。しかし、もっと身近な違いとして、無利息キャンペーンの提供有無があります。

借入れ開始直後は、苦しい経済状態から借入れを行っているので、例え30日間であっても、無利息期間が設けられていることは利用者にとって好ましいことと言えるでしょう。問題となるのは、同じ30日無利息キャンペーンであっても、根本的な部分で異なった施策が行われていることが多い事実です。

具体的には、カードローンの30日無利息キャンペーンは、審査に通過した日を基準として無利息期間がスタートしてしまうと、期間に余裕を持って申込みを行なった人が損をします。なぜなら、初回借入日から30日間無利息キャンペーンならば、無利息期間をまるまる30日享受出来ますが、審査通過時から30日という無利息キャンペーンでは、即日借入れを行わない限りは無利息期間が短くなってしまいます。

一見すると同じキャンペーンに見えて、実質的な無利息期間に差が出てしまうことは、注意深く利用規約を熟読した上で申込みを行わなければならないことを物語っているでしょう。

総量規制対象外のカードローンは有利です

貸金業法を法的基盤として貸付を行っている金融業者には、消費者金融や信販会社があります。総量規制が導入されたことにより、年収の1/3を超える貸付が原則として禁止されて、他社を含めた総借入額の把握を審査時だけでなく継続融資時にも行わなければなりません。利用者にとっても、総量規制導入に伴い利用限度額が制限されてしまい、必要な時に必要な金額を借入れ出来ない事態が発生しています。

総量規制が導入された背景には、多重債務者を生んでしまった過去の過剰貸付が原因とされています。しかし、グレーゾーン金利として利息制限法を上回り出資法による規制以下の金利で貸付が行われていたことの方が問題であって、実際に返済能力に問題が無かった人に対しても総量規制により貸付制限が行われるようになってしまいました。

貸金業法以外の法律に基づき貸付を行っている銀行カードローンや信用金庫カードローンでは、総量規制対象外ですから審査に通過すれば年収の1/3を超える借入れが出来ます。総量規制対象外のカードローンは、利息制限法で定められた上限金利を遥かに下回る低金利融資が行われていることも多く、最初から総量規制対象外のカードローンへ申込み審査に通過出来れば、消費者金融や信販会社からの借入れを利用する必要が無くなるでしょう。

銀行カードローンは今後の動向に注意!

現在、過剰融資が問題になりつつある銀行カードローンは、自主規制により年収の1/3までと制限を設け始めています。
銀行カードローンの問題は、過剰融資の問題だけではなく、審査自体においても指摘があります。
その指摘は、審査自体を保証会社に任せているということであり、一部銀行では丸投げ状態にあることも確認されています。

このような状況において、消費者は今度の動向に注意をする必要があり、銀行カードローンも消費者金融同様に規制強化の可能性を認識することが重要です。
金融庁の森信親長官に対し、毎日新聞がインタビューを行った結果、『自主規制が十分でなければ、放置するわけにはいかない』と問題視しており、今後は規制強化もあり得るということを示唆しています。
過剰融資のみならず、銀行カードローンによる債務整理者の増加が続くようであれば、必要な時に現金を借り入れし難いといった事態が今後予想されます。

そのため、銀行カードローンを契約する際は必要以上に希望額を高くしないことやより返済計画をより現実的なものとすることが審査を通過する上での重要なポイントになる可能性があります。
また、今借り入れがある方は総量規制と同等の自主規制により、ある日突然返済だけになるリスクもあるため、返済に余裕がある際は利用残高を減らしておくことがおすすめです。

事前の準備徹底がとても大切な銀行のカードローン

銀行によるカードローンは、非常に大きなメリットがあります。やはり年利などかなり低めですし、多くの方々がとても高く評価しています。

ところで銀行でカードを作れる確率を高める為には、いくつかコツがあります。まず準備は徹底しておく方が良いでしょう。

主たるポイントは2つあって、まず銀行の口座を作っておく方が良いです。実は口座が無くても、カードローンでの申し込みを済ませる事はできます。しかしどうしても日数が多くなってしまう事は間違いありません。即日での借入が難しくなってしまいますから、やはり口座を作っておくに越した事は無いのです。

それともう1つが意外と大切で、どういった書類が求められるかを事前にリサーチしておく事です。そもそも銀行で何が必要になるかは、大抵は商品概要などに明記されています。それにざっと目を通しておくだけでも、随分と手続きがスムーズになるのです。特に補助書類や収入証明に関する確認はとても大切で、それを怠ってしまいますと、やはり即日の借入は難しくなります。

逆に書類を準備しておけば、非常にスムーズに手続きを進められる訳です。様々な事柄を考慮すると、やはり準備を徹底するに越した事は無いでしょう。