カードローンの利用限度額と増額申込みについて

カードローンの審査に通ったけれども、利用限度額が希望金額よりも低くてがっかりした、という話を聞くことがあります。

カードローンでは、1人1人に対して利用限度額が決められます。初めての申し込みでは50万円未満になるのが一般的です。

この利用限度額は、後日増額申込みをすることができます。

増額申込みでは再び審査があり、それまでの利用状況や返済状況の他、勤め先や住所、年収などに変化がないかといったことが確認されます。

増額申込みのタイミングとしては、半年以上のカードローンの利用履歴があること、その間に返済の延滞をしていないこと等が見極めのポイントとなります。増額申込みをして審査に落ちてしまうと、当分は申し込みが出来なくなってしまいます。

増額申込みは、返済を滞らせないように気を付けることから始まると言えそうです。

消費者金融におけるキャッシングの借入審査について

消費者金融の借入審査において最も重要視されるのが収入の多さではなく、その収入がどのくらい安定しているかという点です。安定した収入がなければキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性が高いというのがその根拠となっているからです。もちろん、収入が多い方がキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性は低くなるのですが、その収入が非常に不安定なものだとしたら将来的にキャッシングの返済が困難になってしまう恐れがあります。

そのため、消費者金融の借入審査においては収入の多さよりも、その安定性が求められているのです。そのため、よほどの大金を借りるのではない限り、アルバイトやパートといった働き方をしている人であっても、その収入が安定しているのであれば借入審査にパスすることができるようになっています。

利息によってキャッシングで借り入れたお金を返済する負担が変わってくる

キャッシングでお金を借りますと、返済の時に利息が発生してきますが、これは消費者金融会社が審査時に借入利率から計算して決定します。その為、多くの人々が借り入れた金額に応じて利息による負担が加算されていく事になります。利息を減らしたいのであれば、借入利率が低いキャッシングを選ぶか、初回利用を条件にしている利息ゼロのキャッシングを利用するかを選択する必要があるでしょう。

利息で消費者金融会社を選ぶ事で、ユーザーは無理をせずに計画を立てて使っていく事が出来ます。キャッシングは限度額が設定されていますが、その限度額まで借り入れができ、期日までに利息を付けて返済する仕組みです。限度額いっぱいまで使ったり、何度も利用したりといった事が可能ですが、その借り入れた額に応じて利息が発生する事に注意が必要です。