借金をし過ぎないための総量規制

キャッシングをする際には「総量規制」という言葉を耳にすることもあると思います。

総量規制は消費者金融などで用いられ、利用者の年収の1/3以上の貸し付けをすることはできないという決まりです。

金融機関としても貸し倒れのリスクを減らして損を減らすことができ、利用者が借金をし過ぎないようにするために作られた決まりといえます。

年収が低い人は多くの借金をすることはできないというのは当たり前のようにも思えますが、これによって専業主婦やパート・アルバイトの方など収入が少ない人も借り入れがしづらくなるという側面もあります。

総量規制の対象ではない銀行などの金融機関では収入に関係なく誰もがキャッシングに申し込める仕組みになっているところもありますが、収入は審査に大きく影響を及ぼす項目であることはどの金融機関も共通しているようです。

カードローンの増額申込みのタイミングについて

カードローンの審査に通ると、1人1人に対して利用限度額が決まります。この限度額は、必ずしも希望通りとはならず、初めて申し込んだ場合は30万円程度に決まることが多いようです。中には、審査には通ったものの、10万円に決まってがっかりした、という人もいます。

カードローンを利用していて、もう少し借りたいという場合には、増額申込みをすることができます。

増額申込みをすると、再度審査があるので、タイミングが大切になってきます。条件としては、カードローンの利用を初めて半年以上たっている、その間一度も滞納したことがなく、返済日をきちんと守っている、他社から借りていない、転職や引っ越しをしていない、等が挙げられます。

一度審査に落ちると、当分増額申込みはできなくなります。申し込みのタイミングには十分注意しましょう。

キャッシングで損をしないために心掛けておきたいこと

消費者金融のキャッシングを利用した場合、借り入れた金額にもよりますが月々に支払う利息が負担になってしまうことも多く、その点についてはあらかじめ理解をしておく必要があります。もしも、この点を忘れてキャッシングでお金を借りてしまうと後になって利息の支払いに困ってしまうこともあるからです。

消費者金融のキャッシングでは利息は日割り計算で行われるため、返済が完了するまでの期間が長ければ長いほど発生する利息は大きな金額となっていきます。そのため、少しでもキャッシングの利息を減らすには月々一定の金額を返済していくのではなく、余裕があるときには多めの金額を返済していくのがキャッシングで損をしないための秘訣となります。

おまとめローンへの借り換えをするメリットは

もしも、現時点で借金の返済がきついと感じているときにはおまとめローンへの借り換えを検討することをおすすめします。おまとめローンはすでにある借金を一括して返済してしまうための専用のローンですが、これに借り換えるメリットはより金利の安いローンに乗り換えられる点にあります。

その結果、これまで支払ってきた利息の負担を大きく軽減できるようになり、月々の借金の返済が幾分か楽になります。おまとめローンではかなりまとまった金額を借り入れることができるので、現在借金の返済が苦しいと感じている方はおまとめローンへの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。きっと月々の借金の返済がこれまでよりも楽に感じられるようになるはずです。

キャッシングの返済は基本は約定

キャッシングでお金を借りた後には当然、返済行為が待っているのですが、その基本が約定返済になります。基本的に毎月の支払い、ということになります。その最低限の金額を決めるのが約定返済になります。これによって、まずは最低の返済金額を決め手もらう事になります。

利息と多少の元本ということになります。そして、それ以外の返済というのが随時の返済であり、これをより多くやっていく、ということが大きなポイントになります。

これができるようになりますと利息の支払いが最終的にはどんどん少なくできるようになります。あまりに無理をしすぎると次の約定返済のお金がない、ということになってしまうので注意は必要であるといえるでしょう。

消費者金融会社に提供しないといけない個人情報

当たり前ですがキャッシングの手続きを行う際には借りる側の個人情報は必要不可欠となっています。借りる側と貸す側には必ず信頼関係がないといけないので、個人情報を消費者金融会社へと提供しないといけないのです。

この個人情報をしっかりと把握して審査を行っているので、当然嘘偽りの記入を行ってはいけないのです。ではどのような個人情報を提供しないといけないのでしょうか。まずは借りる側の指名や生年月日に電話番号などが必要となります。

次に住まいに関する情報も提供するので、住所を記入して一軒家なのかマンションやアパートなのかも記します。最後は勤めている会社に関する情報です。この項目ではできれば公開したくない年収も記入しなければなりません。もちろん個人情報なので各消費者金融はしっかりとセキュリティの強化に努めてくれます。

ビジネスローンではビジネクストがオススメな理由

ビジネスローンでオススメなのは大手消費者金融のアイフルが経営しているビジネクストです。

オススメな理由としては、やはり融資の受けやすさでしょう。

最短で即日融資を受けれるだけではなく、保証人や担保といったものは基本的には不要ですから銀行から借入できなかったり

資産を持っていなったりする人で、なおかつ早めにお金を借りたい人にはもってこいなのです。

さらに、融資実績も多くビジネスローン関連では2017年で申し込み件数がトップレベルでありますから

かなりの実績をノウハウがありますので、サービスも充実していますし、信頼も大きいと思われます。

事業者にとってこれほどありがたい存在の会社というのは多くはないので、一度検討してみると予想以上にいいかもしれません。

アコムの個人事業主向けカードローンの特徴

アコムでは借りたお金を事業資金として利用できる、個人事業主を応援するカードローン商品であるビジネスサポートカードローンというサービスの取り扱いがあります。ビジネスサポートカードローンの特徴について確認していきましょう。

・総量規制対象外

ビジネスサポートカードローンは消費者金融のカードローンではありますが、事業性融資商品ということもあって総量規制対象外のカードローンとなっています。

・即日融資が可能

最短で申し込みをしてから即日審査回答が得られますし、即日融資にも対応しています。急いで事業資金を得たい場合に非常に便利です。

・インターネット申し込みが可能

店頭窓口での申し込みの他、インターネットからの申し込みも可能なので、忙しい人でも無理なく申し込みができます。

申し込みから融資までの流れとどの方法が早いのかについて

キャッシングの申し込み方法には有人店舗での窓口、無人ATM、Webからの申し込みがありますが基本的に行う申し込み内容は同じですので外出先、自宅からの違いだけとなります。

申し込みから融資までの流れはまず申し込み用紙に記入し本人確認を済ませ審査を受けて合格になればお金が借りられるとういのが大まかな流れとなりますが、分かりやすく一つずつ見て行きましょう。

まずお金を借りる場合は申し込み用紙に記入する事から始まります。項目数の多さに驚かれるかも知れませんがこれには理由があり後に受ける審査で大変重要な基本情報になりますので虚偽の記載をしたり、分からないからといって空欄が多くなることは避けて下さい。記入例を参考にしたり直接オペレーターへ電話で質問する事も出来ますので丁寧な記入を心掛けて作成して下さい。

申し込み用紙の記入が済みましたら次に他人になりしまして申し込みをしていないかを本人確認でチェックされます。この本人確認では身分を証明できる書類が必要となりますので運転免許証、保険証、住民票の写しなど1点だけ提示します。

Webからの申し込みでは携帯やスマホのカメラで撮影した上記1点を送信するだけでOKです。また携帯電話の番号やメールアドレスなどの確認は指定された電話番号、指定されたアドレス宛に送信するだけ認証を取ることが出来ます。あとは返済方法で銀行からの自動引き落としを選択された方のみキャッシュカードに刻印された口座番号や届け出をした印鑑の提出を求められるケースもありますので参考までに覚えておいて下さい。

ここまで済ましてからいざ審査という事になりますが、申し込みをした方の条件により審査時間にも影響があり初めてのキャッシングでしたら公式サイトにも掲載されていますように最短30分で審査を終えることも可能となります。ただ条件次第では審査時間がものすごくかかったり当日中には審査結果が出ず翌日威光になる方も出てきます。これは他社からの借り入れ件数、借り入れ総額も多くある多重債務の方によく見られる光景で当然審査には通らないケースも多くなりお金を借りる事が出来ない方もでてくるわけです。

初めてのキャッシングでしたらその辺は全く考慮されずスピーディな審査時間となりますので安心されて下さい。

そしてしばらく待っていると審査結果の知らせがメールか電話で連絡があり合格と判断されれば即日融資が出来るわけです。融資までの時間は会社によって違いはありますが本日の何時までに指定の口座に入金しますと知らせが来ますので、後は銀行でも最寄のコンビニのCDからでもお金を引き出す事ができる、これが融資までの流れとなります。

断トツにこの方法が1番早いという申し込み方法や組み合わせはありませんが、提出する書類や勤務先の住所等を事前に準備しておく事で融資までの時間は短縮できますので、自分の置かれた状況でのライフスタイルに合った方法で申し込みをされる事をお勧めします。