消費者金融プロミスを利用するメリット

消費者金融や銀行系のカードローンは多数あります。多くのローンは初回契約時から1ヶ月程度は無利息期間を設定しています。その期間を過ぎると無利息期間はもう発生しません。プロミスも同じように契約してから30日間は無利息で借り入れをすることができます。

プロミスが他社と違うのは初回だけでなく、契約途中でも無利息期間を得ることができます。インターネット会員に申し込み、月に1回ログインをしたり、収入証明書を提出、メールでのメッセージを受信するとポイントがたまる仕組みがあります。この得たポイントに応じて、7日間、14日間など無利息期間を得れます。

これは1回に限定されず、何度でもポイントがたまるたびに使える非常にありがたいシステムになっています。

債務不履行から7年で楽天ローンが通った

数年前のことになりますが、どうしても借りていたカードローンやクレジットカードの決済が出来ず、返済不履行に陥ったことがありました。

もしかしたらブラックリストに載ったのかもしれませんが、本当のところはよく分からないままそれ以降は、クレジットカードやカードローンの類は一切持たずに過ごしてきました。

しかし、先立つものがないとき、カードローンほど便利なものもありませんから、どうしても1枚くらいは作っておきたいと思っていたとき、ネットで調べると、楽天ローンは比較的通りやすいことが分かりました。

改めて債務不履行を起した最後の年を調べ直すと、7年が経過していました。仮にブラックリストに載っていても、7年経つと情報が消えるとの噂もあります。

申し込みをしたら一発で通りました。大事に使うつもりです。

借入限度額の設定額の自由度について

借入限度額というのは、各会社が設定している範囲内の中で設定されるもので、会社が消費者の条件を見てどのあたりまで行けるかの限度額の設定をするのですが、

借入限度額は細かい限度額まで決められるのか?ということについては、会社によってあらかじめそうであるかないかが決められています。

例えば、ある程度まで細かい値段で限度額を設定してもらえるようなところもあれば、あらかじめ一定の借入限度額しか設定されていないという硬直的な限度額の設定がされている会社もあります。

借入限度額については、あらかじめ管理がしやすいようにしてあるのか、顧客の自由にある程度任せてもよいのかといった感じで設定を決めている差だと思われます。

口座が無くても契約できますが、あった方が断然便利です

どなたでも銀行口座の一つはお持ちでしょうが、やはりメガバンクのいずれかとゆうちょ銀行はお持ちの方が多いことでしょう。このブログ的にはゆうちょ銀行は、自前でカードローンがないので除外します。そこでメガバンクの口座をお持ちなら、そのメガバンクのカードローンを利用するのが便利です。

例えば三井住友銀行カードローンでは、口座があれば本人確認書類の提出は不要ですし、キャッシュカードをローンカードとして使えます。ただしゆうちょ銀行のATMを手数料無料で利用したいなら、カードローンは作成した方がいいでしょう。

この三井住友銀行カードローンは別に当行の口座が無くても契約できます。ネットバンクのようにカードローンの申し込みと同時に作成する義務もありません。三井住友銀行カードローンは提携するATMが多く、主要なコンビニATMが無料で使えるので別に口座がなくても不便ではありません。

しかし口座振替で返済するなら、当行口座が必要となります。さらにSMBCダイレクトというインターネットバンキングサービスに加入していれば、いつでも手数料無料で返済可能です。口座がなくても振り込みで返済可能ですが、ATM手数料の数倍高い振り込み手数料がかかるのでオススメできません。

やはり当該銀行の口座がある銀行カードローンが相性抜群で、利便性が高いのです。