総量規制対象外のカードローンは有利です

貸金業法を法的基盤として貸付を行っている金融業者には、消費者金融や信販会社があります。総量規制が導入されたことにより、年収の1/3を超える貸付が原則として禁止されて、他社を含めた総借入額の把握を審査時だけでなく継続融資時にも行わなければなりません。利用者にとっても、総量規制導入に伴い利用限度額が制限されてしまい、必要な時に必要な金額を借入れ出来ない事態が発生しています。

総量規制が導入された背景には、多重債務者を生んでしまった過去の過剰貸付が原因とされています。しかし、グレーゾーン金利として利息制限法を上回り出資法による規制以下の金利で貸付が行われていたことの方が問題であって、実際に返済能力に問題が無かった人に対しても総量規制により貸付制限が行われるようになってしまいました。

貸金業法以外の法律に基づき貸付を行っている銀行カードローンや信用金庫カードローンでは、総量規制対象外ですから審査に通過すれば年収の1/3を超える借入れが出来ます。総量規制対象外のカードローンは、利息制限法で定められた上限金利を遥かに下回る低金利融資が行われていることも多く、最初から総量規制対象外のカードローンへ申込み審査に通過出来れば、消費者金融や信販会社からの借入れを利用する必要が無くなるでしょう。

銀行カードローンは今後の動向に注意!

現在、過剰融資が問題になりつつある銀行カードローンは、自主規制により年収の1/3までと制限を設け始めています。
銀行カードローンの問題は、過剰融資の問題だけではなく、審査自体においても指摘があります。
その指摘は、審査自体を保証会社に任せているということであり、一部銀行では丸投げ状態にあることも確認されています。

このような状況において、消費者は今度の動向に注意をする必要があり、銀行カードローンも消費者金融同様に規制強化の可能性を認識することが重要です。
金融庁の森信親長官に対し、毎日新聞がインタビューを行った結果、『自主規制が十分でなければ、放置するわけにはいかない』と問題視しており、今後は規制強化もあり得るということを示唆しています。
過剰融資のみならず、銀行カードローンによる債務整理者の増加が続くようであれば、必要な時に現金を借り入れし難いといった事態が今後予想されます。

そのため、銀行カードローンを契約する際は必要以上に希望額を高くしないことやより返済計画をより現実的なものとすることが審査を通過する上での重要なポイントになる可能性があります。
また、今借り入れがある方は総量規制と同等の自主規制により、ある日突然返済だけになるリスクもあるため、返済に余裕がある際は利用残高を減らしておくことがおすすめです。

現在は消費者金融は即日融資が基本です

現在では、消費者金融は基本的に即日融資になります。これは殆どそうですから、よく覚えておくことです。
つまりは、非常に使いやすいことになります。それは間違いないですが、使い過ぎることは避けるべきです。
あくまでどうしても必要な場合のみ、使うべきであるといえます。それこそが最も大事な要素であると言えます。
即日貸してくれる、というのは素晴らしいサービスであることには間違いないですから、常に使えるようにしておくのは対策としてはありです。
いきなりお金が必要になってくることは人生では間々あることです。その時になって金策をするくらいであれば、早めに対策をしておいたほうがよいでしょう。
カードを作っておけば更に早く融資をしてくれる可能性が高くなります。