銀行系カードローンは総量規制対象外

いろいろな消費者金融に借り入れがあって、年収との関係からこれ以上は借りられないのではないかと悩まれている方には銀行系カードローンをおすすめします。消費者金融の与信枠が少なく、すぐに借りられなくなってしまうのは借入総額が年収の3分の1までに制限される総量規制の影響を受けるためです。

返済実績も申し分なく、今後も継続して利用して欲しいと金融会社側が考えていても総量規制によって貸し出しが禁じられてしまいます。ところがこの規制を受けるのは貸金業法によって規制を受ける消費者金融のみで、銀行法に基づいて設立されている銀行は貸金業法の規制を受けないため、総量規制対象外となります。

そのため、銀行側が問題ないと判断すれば年収の3分の1を上回る限度額を設定してもらうことが可能です。銀行系カードローンは金利も安く設定されていることが多く、消費者金融からの借り換えを前提としたプランなども用意されているため、いままでよりも大きな利用可能枠を設定してもらえた上に月々の返済金額を減らすことが出来るという一挙両得な状況にすることも夢ではないかもしれません。