キャッシングの際に行われる審査

キャッシングを申し込んだ場合、お金を借りられるようになる前に、必ず審査が行われます。貸す側の消費者金融やカードローン会社にしてみれば、貸したお金が必ず返ってくる、ということを確認することが、当然、必要だからです。では、この審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。まず、申込者が申込書に記入した氏名や住所が正確かどうかが確認されます。

これは一般に、本人確認と呼ばれています。そして、この本人確認は、申込者の運転免許証か健康保険証、またはパスポートを、申込書の記入内容と見比べることによって行われます。それで、キャッシングを申し込みに行く時には、これら身分証明書になる書類のうちどれか一点を、忘れずに持って行きましょう。次に、審査ではもう一つ、申込者に一定の収入があるかどうかということが確認されます。これは、在籍証明と呼ばれています。では、この在籍証明はどのようにして行われるのでしょうか。

それは、申込書に記入された勤務先の電話番号に、実際に電話することによって行われます。こう聞くと少し不安になるかもしれませんが、この電話で消費者金融の名前が出されることはありませんので、勤務先にキャッシングのことが知られる恐れはありません。それで、勤務先の電話番号も調べておいて、正確に記入するようにしましょう。これまでに述べた本人確認と在籍証明が無事に終われば、キャッシングを利用することが出来るでしょう。