アルバイトのキャッシングの注意点とは

アルバイトで生活している人はキャッシングが可能なのかといえば、基本的にはアルバイトの人でもキャッシングを利用することは可能ということになるでしょう。ほとんどのキャッシング業者のキャッシング申込資格には「20歳以上の安定した収入」のある人ということになっており、20歳以上でアルバイトで安定した収入が見込める人はキャッシングを利用できるのです。

ただし、アルバイトが安定した収入かどうかはキャッシング業者の審査によります。アルバイトと言っても同じ仕事を長年続けており、毎月の収入がある程度定まっているような場合にはキャッシングの審査に有利に働くことになりますし、短期のアルバイトをたくさんしているような人は安定した収入となるかどうかはキャッシング業者の審査次第になるということです。

長期のアルバイトをしている人は消費者金融などではまずキャッシングを利用することができるはずです。ただし、消費者金融などの貸金業者では法律によって年収の三分の一までの融資しかしてくれませんから、アルバイトの稼ぎによりますがそれほど高額な利用限度額はないと思っておいたほうがいいでしょう。法的な規制ですからこれはどうしようもないことです。

オリックス銀行カードローンを利用する時の2つの注意点

オリックス銀行カードローンはオリックスグループの傘下に入っているネット銀行のカードローンなので店舗やATMが設置されていません。それにより手続きはネットになるのでスマホを持っていれば手軽に利用する事が出来ます。しかしオリックス銀行カードローンを利用してお金を借りる時は注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。

そこでオリックス銀行カードローンを利用してお金を借りる時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

銀行カードローンは上限金利が14~15%の間で設定されている事が多いですが、オリックス銀行カードローンは17.8%で設定されていて他の銀行カードローンより高金利です。

お金を借りた時に加算される利息が多くなってしまうので特に借り過ぎてしまうと返済する時の負担が大きくなってしまいます。オリックス銀行を利用してお金を借りる時は借り過ぎに注意しましょう。

オリックス銀行カードローンは審査が3日ぐらいかかるので融資可能になるまで5日程度必要になってきます。他の銀行カードローンに比べて融資スピードが遅いのでお金が必要な日に間に合うように時間に余裕を持って申し込みをしましょう。

主流になりつつある「即日融資」

日々の生活をしていると、急にお金が必要になることはよくあることです。しかもそれはまさに「今すぐ」ほしいというケースが多々あるのです。そして、そんな時に限ってお金が手元にはありません。強い味方が「即日融資」ができるカードローンや銀行ローンになります。

このローンは審査はありますが、必要な書類は「源泉徴収票」など自身の収入(所得)が証明できるものがあればよいという非常にシンプルなものがほとんどです。また、借り入れ条件によっては収入証明書が不要になる場合もありますので、確認しておく必要があります。

最も注意しなければいけないことの1つは、やはり「金利」ではないかと思います。即日融資ができるローンですから、金利は高めに設定されています。当然のことではありますが、お金がないからといってやみくもに借りるのではなく、しっかりした返済計画を自分自身の中で作っておくことは非常に重要なことです。

近年、カードローンや即日融資は多くの金融機関が商品として取り入れるようになりました。一昔前と比較すると、ブラックなイメージはなくなり手軽さが前面に出てきています。また、スマートフォンで手続きが完結できるサービスを提供する金融機関が現れるなど、便利さもとても進化しました。しかしそんな時代だからこそ、身の丈に合った利用を心掛け、できることなら利用しないで済むような生活態度を日ごろから身に着けておく必要があるのです。

現在は消費者金融は即日融資が基本です

現在では、消費者金融は基本的に即日融資になります。これは殆どそうですから、よく覚えておくことです。
つまりは、非常に使いやすいことになります。それは間違いないですが、使い過ぎることは避けるべきです。
あくまでどうしても必要な場合のみ、使うべきであるといえます。それこそが最も大事な要素であると言えます。
即日貸してくれる、というのは素晴らしいサービスであることには間違いないですから、常に使えるようにしておくのは対策としてはありです。
いきなりお金が必要になってくることは人生では間々あることです。その時になって金策をするくらいであれば、早めに対策をしておいたほうがよいでしょう。
カードを作っておけば更に早く融資をしてくれる可能性が高くなります。

おまとめローンの代わりに銀行カードローンを利用する

貸金業法で定められた総量規制の例外として、おまとめローンという商品ならば、消費者金融であっても年収の1/3を超えた借入が可能です。おまとめローンは、利息制限法に定められた上限金利が段階的に借入額が大きいほど制限が厳しくなることを利用し、100万円以上の利用残高時に15%の上限金利となることを利用した債務者にとって一方的に有利な借り換えに該当します。

100万円以下では上限金利が18%に設定されているので、3%程度の金利引下げ効果がおまとめローンには認められるからです。しかし、おまとめローンを利用すると、他社借入からの借り換え目的以外には使用できないので、他社契約は解約を前提に話しが進められます。解約を求められなかったとしても、おまとめローン完済までは追加借入が出来ない点に注意が必要です。

一方、銀行法による貸付が行われている銀行カードローンは、貸金業法とは異なる法律による貸付ですから、総量規制対象外です。返済能力が十分にあれば、大きな利用可能枠を設定してもらうことが出来るだけでなく、金利設定も消費者金融よりも低くなる傾向にあります。

銀行カードローンで大きな利用可能枠を確保出来れば、高金利な消費者金融からの借り換え先として利用可能です。銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして利用すれば、少なくとも利用限度額の範囲内で追加借入が可能となり、いざという時の急な出費にも対応可能となるメリットがあります。

学生のキャッシングは中小消費者金融が狙い目です

貸金業者が行っているカードローンは、共通して満20歳以上で安定した収入がある人という制限が入っています。学生であってもレギュラー雇用されているアルバイトで安定した収入があることを証明出来れば、キャッシングが可能です。

しかし、未成年者に対して貸付を行っている貸金業者は、銀行は勿論のこと消費者金融であってもほとんどありません。なぜなら、民法では未成年者が単独で行なった契約は、後で親権者が取り消すことが可能という規定があるからです。リスクを冒してまで貸付を無理に行なうことを避ける傾向があります。

未成年者の学生が一切キャッシング出来ないと困ることもあるでしょう。中小消費者金融の中には、身元がしっかりしている地元の大学に通う学生に対して、学生ローンという形態で貸付を行っている所があります。

大手消費者金融との差別化という狙いがありますが、未成年者であってもしっかりと審査を行なうことで、自社で貸付基準を満たす人に対しては積極的に貸付を行なう方針の中小消費者金融は、就職した後であっても継続して利用する人が少なくありません。

学生ローンを手掛けている実績と審査を自社で行っているために実現出来るわけです。金利は決して低く無いものの、学生のキャッシング先として地元の中小消費者金融を探してみると良いでしょう。

三菱フィナンシャルグループのバンクイックとアコムのメリット

三菱東京UFJ銀行は大手の銀行でバンクイックというカードローンのサービスを提供しています。また三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている消費者金融のアコムもあるのでお金を借りる時にどちらにするか迷ってしまう人も少なくないでしょう。そこでバンクイックとアコムのメリットを見ていく事にしましょう。

バンクイックのメリットは銀行のカードローンなのに即日融資が可能という点でしょう。三菱東京UFJ銀行の中にはテレビ窓口が設置されていてカードローンの申し込みをする事が出来ます。テレビ窓口で申込をすると審査が即日回答されて可決されればその場でカードが発行されるのでその後すぐにATMでお金を借りる事が出来ます。銀行のカードローンは審査の回答や融資を受ける事が出来るまで数日かかるのが基本なので即日融資を受ける事が出来るというのはメリットと言えます。

アコムのメリットはWeb完結で申し込めて即日融資を受けられるという点でしょう。アコムは今まで無人契約機のむじんくんが有名でしたが、スマートフォンの普及によってネットキャッシングが主流になっています。すべての手続きをインターネット上でする事も可能で来店不要で即日融資を受ける事が出来るというのがメリットになります。

バンクイックもアコムもメリットを見るとすごく便利に利用する事が出来るので自分に適した方を選ぶといいでしょう。

アコムの借換えローンの詳細などについて

利用することで返済管理を簡単にしたり、お得にしたりすることができる有名なローンしては借換えローンという種別のローンがありますが、大手消費者のアコムでも借換え専用ローンの取り扱いがあり、利用することで毎月の返済にかかる負担を軽減できる可能性があります。

アコムの借換えローンを契約する場合や利用する場合には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

・申込について

最初のステップとしては、まずフリーダイヤルへ問い合わせをすることをおすすめします。ここで契約に必要な書類や契約時の注意事項について知ることができるので、来店時の手間を減らすことができるのです。

なお、借換え専用ローンはインターネットからの申込には対応していないので、自動契約機からの申込、店頭窓口での申込、郵送での申込のいずれかの方法で契約することとなります。

・返済などについて

実質年率は7.7%から18.0%で、返済は毎月一回、原則として口座振替にて返済していくことになります。

カードローンの場合には任意で返済方法が選べるのに対し、借換え専用ローンは口座振替返済が原則となり、契約の際には引き落とし用の口座と口座の届出印が必要となる点に注意が必要です。

キャッシングの比較は顧客満足度を反映したサイトを利用するべし!

銀行系、大手消費者金融や信販会社、そして中小消費者金融のキャッシングについてはインターネットの普及により簡単に口コミを確認することが出来ます。しかし、比較サイトで重要なのは顧客満足度であり、審査申し込みに対する比較よりも利用者の意見を反映していることが重要です。

そもそも、審査が通過した人は良い評価をしますし、通過しなかった人は悪い評価を行います。ですが、これはあくまで融資出来るか出来ないかの情報であり、実際に重要な利用時の情報が含まれていません。

そこで、比較する際に一番参考となるのが、実際に契約して借り入れを行った経験からの顧客満足度調査であり、この満足度内で問題を抱えるキャッシングについては注意を行う必要があります。例えば、審査通過した後から貸金業者からの電話が増えた、ダイレクトメールが自宅に送付されるようになったという内容には警戒することが重要です。そもそも、ダイレクトメールは家族に借り入れを知られる原因になります。また、電話については顧客情報が漏れているという危険性を指摘できます。

もし、比較サイトでこのような情報を見掛けた際は契約申し込みに注意することをおすすめします。

キャッシング契約したいんだけど時間が無い場合どうすればいいの?

キャッシングの契約を検討する際、一番問題となるのが時間だと考えます。時間と言っても様々な要素があり、『有給休暇を取得する日』、『契約のために窓口へ赴く時間』、『契約に掛かる時間』と様々なものがあります。

利用を検討または実際に契約する際、わざわざ1時間程度の手続きのために貴重な有給休暇を使用するのは躊躇うものとなり、休むなら家族サービスや心身を休める行為に費やしたいと考えます。例え、1時間程度のキャッシング契約時間だとしても、基本的には拘束状態となる上、審査通過するかと言う不安もあります。

そこで、オススメな方法がインターネット通信を利用した審査および契約方法です。これならば、有給休暇を取得する必要が無い上、いつでも審査・契約の申込が出来ます。また、審査結果についてはメールによる連絡となるため、わざわざ勤務中に電話に出る必要も無くなります。そもそも、勤務中に電話が掛かってきても折り返しの連絡は、17時を過ぎる可能性があり、キャッシング申込先の営業時間外となります。ここでもまた、時間という要素が大きく影響します。

しかし、インターネットを利用した申込は、即時審査が完了するわけではないものの、申込・審査・契約に掛かる時間を大きく削減することが出来ます。