口座が無くても契約できますが、あった方が断然便利です

どなたでも銀行口座の一つはお持ちでしょうが、やはりメガバンクのいずれかとゆうちょ銀行はお持ちの方が多いことでしょう。このブログ的にはゆうちょ銀行は、自前でカードローンがないので除外します。そこでメガバンクの口座をお持ちなら、そのメガバンクのカードローンを利用するのが便利です。

例えば三井住友銀行カードローンでは、口座があれば本人確認書類の提出は不要ですし、キャッシュカードをローンカードとして使えます。ただしゆうちょ銀行のATMを手数料無料で利用したいなら、カードローンは作成した方がいいでしょう。

この三井住友銀行カードローンは別に当行の口座が無くても契約できます。ネットバンクのようにカードローンの申し込みと同時に作成する義務もありません。三井住友銀行カードローンは提携するATMが多く、主要なコンビニATMが無料で使えるので別に口座がなくても不便ではありません。

しかし口座振替で返済するなら、当行口座が必要となります。さらにSMBCダイレクトというインターネットバンキングサービスに加入していれば、いつでも手数料無料で返済可能です。口座がなくても振り込みで返済可能ですが、ATM手数料の数倍高い振り込み手数料がかかるのでオススメできません。

やはり当該銀行の口座がある銀行カードローンが相性抜群で、利便性が高いのです。

楽天カードでキャッシングするメリットについて

日本一人気のあるクレジットカードと呼ばれている楽天カードですが、最大の特徴は「年会費が無料」であることです。しかし、年会費が無料のクレジットカードは他にも複数あるので、「年会費が無料」だから楽天カードが一番という理由にはなりません。年会費無料以外にも楽天カードでキャッシングを利用する時にも色々なメリットがあります。

楽天カードでキャッシングするメリットはまず「審査の通りやすさ」があげられます。年収や雇用形態がイマイチな人や他社へのカードローンやキャッシングをしている人などでも審査が通りやすくなっています。収入が少ない学生や専業主婦、フリーターでも審査が通ったという事例は多くあります。

もうひとつ楽天カードでキャッシングするメリットとして「ネットだけでキャッシングできる」ことです。楽天カードには「楽天e-NAVI」というメンバー専用のサイトがあり、ログインすれば簡単にキャッシングを申し込むことができます。振り込み速度も「大至急振り込みしてほしい」「数日後にお金入り用になる」「毎月同じ日にお金が必要になる」の三種類から選ぶことができます。

しかし、楽天カードでキャッシングする時のデメリットとして「新規入会の即日融資は対応していない」ことです。しかも、2018年1月から銀行の即日融資は停止してしまいます。即日融資を希望している人は大手消費者金融でキャッシングする方が良いでしょう。