カードローンの利用限度額と増額申込みについて

カードローンの審査に通ったけれども、利用限度額が希望金額よりも低くてがっかりした、という話を聞くことがあります。

カードローンでは、1人1人に対して利用限度額が決められます。初めての申し込みでは50万円未満になるのが一般的です。

この利用限度額は、後日増額申込みをすることができます。

増額申込みでは再び審査があり、それまでの利用状況や返済状況の他、勤め先や住所、年収などに変化がないかといったことが確認されます。

増額申込みのタイミングとしては、半年以上のカードローンの利用履歴があること、その間に返済の延滞をしていないこと等が見極めのポイントとなります。増額申込みをして審査に落ちてしまうと、当分は申し込みが出来なくなってしまいます。

増額申込みは、返済を滞らせないように気を付けることから始まると言えそうです。

消費者金融におけるキャッシングの借入審査について

消費者金融の借入審査において最も重要視されるのが収入の多さではなく、その収入がどのくらい安定しているかという点です。安定した収入がなければキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性が高いというのがその根拠となっているからです。もちろん、収入が多い方がキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性は低くなるのですが、その収入が非常に不安定なものだとしたら将来的にキャッシングの返済が困難になってしまう恐れがあります。

そのため、消費者金融の借入審査においては収入の多さよりも、その安定性が求められているのです。そのため、よほどの大金を借りるのではない限り、アルバイトやパートといった働き方をしている人であっても、その収入が安定しているのであれば借入審査にパスすることができるようになっています。

みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行カードローンは勤務先に電話をかけて在籍確認をしますが、職場の上司や同僚にお金を借りる事がバレてしまうのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。そこでみずほ銀行カードローンの在籍確認について見ていく事にしましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は最初に勤務先に電話をかけますが、みずほ銀行と名乗るのでカードローンを利用する事は分かりません。それで在籍確認が取れたらその時点で終了となって審査が可決されます。しかし勤務先に電話をかけた時に誰も出ないようだと在籍確認が取れないので審査が完了しません。

電話をかけてきた時に誰かしらが出られるようにしておく必要があります。申し込みをする時に在籍確認の電話をかけてほしい時間帯を銀行側に伝えておくといいでしょう。

キャッシングは学生も利用できる場合があるって知ってますか?

借りたものは返すのが一般的なルールです。当然キャッシングをしたら、借りた分に利子を乗せて返済しなければいけません。では働いてない学生はキャッシングをすることができるのでしょうか?答えを書くと、働いてない学生はキャッシングをすることはできません。

一部できるところもあるそうですが、例外的なのでそれを当てにしないようにしましょう。ただバイトなどをしているのならば話は別です。返済能力があれば学生であってもキャッシングすることは原則可能です。ただし昨日今日バイトを始めた場合はさすがに無理なようです。

せめて同じところで数か月バイトをしてからキャッシングを申し込むようにしましょう。あと消費貸借契約を結ぶことになるので、20歳以上であることも必須となります。学生でも条件を満たせばキャッシングできるので覚えておいてください。

借金をし過ぎないための総量規制

キャッシングをする際には「総量規制」という言葉を耳にすることもあると思います。

総量規制は消費者金融などで用いられ、利用者の年収の1/3以上の貸し付けをすることはできないという決まりです。

金融機関としても貸し倒れのリスクを減らして損を減らすことができ、利用者が借金をし過ぎないようにするために作られた決まりといえます。

年収が低い人は多くの借金をすることはできないというのは当たり前のようにも思えますが、これによって専業主婦やパート・アルバイトの方など収入が少ない人も借り入れがしづらくなるという側面もあります。

総量規制の対象ではない銀行などの金融機関では収入に関係なく誰もがキャッシングに申し込める仕組みになっているところもありますが、収入は審査に大きく影響を及ぼす項目であることはどの金融機関も共通しているようです。

キャッシングで損をしないために心掛けておきたいこと

消費者金融のキャッシングを利用した場合、借り入れた金額にもよりますが月々に支払う利息が負担になってしまうことも多く、その点についてはあらかじめ理解をしておく必要があります。もしも、この点を忘れてキャッシングでお金を借りてしまうと後になって利息の支払いに困ってしまうこともあるからです。

消費者金融のキャッシングでは利息は日割り計算で行われるため、返済が完了するまでの期間が長ければ長いほど発生する利息は大きな金額となっていきます。そのため、少しでもキャッシングの利息を減らすには月々一定の金額を返済していくのではなく、余裕があるときには多めの金額を返済していくのがキャッシングで損をしないための秘訣となります。

おまとめローンへの借り換えをするメリットは

もしも、現時点で借金の返済がきついと感じているときにはおまとめローンへの借り換えを検討することをおすすめします。おまとめローンはすでにある借金を一括して返済してしまうための専用のローンですが、これに借り換えるメリットはより金利の安いローンに乗り換えられる点にあります。

その結果、これまで支払ってきた利息の負担を大きく軽減できるようになり、月々の借金の返済が幾分か楽になります。おまとめローンではかなりまとまった金額を借り入れることができるので、現在借金の返済が苦しいと感じている方はおまとめローンへの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。きっと月々の借金の返済がこれまでよりも楽に感じられるようになるはずです。

消費者金融会社に提供しないといけない個人情報

当たり前ですがキャッシングの手続きを行う際には借りる側の個人情報は必要不可欠となっています。借りる側と貸す側には必ず信頼関係がないといけないので、個人情報を消費者金融会社へと提供しないといけないのです。

この個人情報をしっかりと把握して審査を行っているので、当然嘘偽りの記入を行ってはいけないのです。ではどのような個人情報を提供しないといけないのでしょうか。まずは借りる側の指名や生年月日に電話番号などが必要となります。

次に住まいに関する情報も提供するので、住所を記入して一軒家なのかマンションやアパートなのかも記します。最後は勤めている会社に関する情報です。この項目ではできれば公開したくない年収も記入しなければなりません。もちろん個人情報なので各消費者金融はしっかりとセキュリティの強化に努めてくれます。

ビジネスローンではビジネクストがオススメな理由

ビジネスローンでオススメなのは大手消費者金融のアイフルが経営しているビジネクストです。

オススメな理由としては、やはり融資の受けやすさでしょう。

最短で即日融資を受けれるだけではなく、保証人や担保といったものは基本的には不要ですから銀行から借入できなかったり

資産を持っていなったりする人で、なおかつ早めにお金を借りたい人にはもってこいなのです。

さらに、融資実績も多くビジネスローン関連では2017年で申し込み件数がトップレベルでありますから

かなりの実績をノウハウがありますので、サービスも充実していますし、信頼も大きいと思われます。

事業者にとってこれほどありがたい存在の会社というのは多くはないので、一度検討してみると予想以上にいいかもしれません。

アコムの個人事業主向けカードローンの特徴

アコムでは借りたお金を事業資金として利用できる、個人事業主を応援するカードローン商品であるビジネスサポートカードローンというサービスの取り扱いがあります。ビジネスサポートカードローンの特徴について確認していきましょう。

・総量規制対象外

ビジネスサポートカードローンは消費者金融のカードローンではありますが、事業性融資商品ということもあって総量規制対象外のカードローンとなっています。

・即日融資が可能

最短で申し込みをしてから即日審査回答が得られますし、即日融資にも対応しています。急いで事業資金を得たい場合に非常に便利です。

・インターネット申し込みが可能

店頭窓口での申し込みの他、インターネットからの申し込みも可能なので、忙しい人でも無理なく申し込みができます。