学生のキャッシングは中小消費者金融が狙い目です

貸金業者が行っているカードローンは、共通して満20歳以上で安定した収入がある人という制限が入っています。学生であってもレギュラー雇用されているアルバイトで安定した収入があることを証明出来れば、キャッシングが可能です。

しかし、未成年者に対して貸付を行っている貸金業者は、銀行は勿論のこと消費者金融であってもほとんどありません。なぜなら、民法では未成年者が単独で行なった契約は、後で親権者が取り消すことが可能という規定があるからです。リスクを冒してまで貸付を無理に行なうことを避ける傾向があります。

未成年者の学生が一切キャッシング出来ないと困ることもあるでしょう。中小消費者金融の中には、身元がしっかりしている地元の大学に通う学生に対して、学生ローンという形態で貸付を行っている所があります。

大手消費者金融との差別化という狙いがありますが、未成年者であってもしっかりと審査を行なうことで、自社で貸付基準を満たす人に対しては積極的に貸付を行なう方針の中小消費者金融は、就職した後であっても継続して利用する人が少なくありません。

学生ローンを手掛けている実績と審査を自社で行っているために実現出来るわけです。金利は決して低く無いものの、学生のキャッシング先として地元の中小消費者金融を探してみると良いでしょう。

キャッシングの返済は、毎月しっかりと元本比率を高めよう!

キャッシング契約の中には、毎月の返済額が最低2000円からというものも増えています。また、50万円以下の返済額は最低10000円の定額になっていることも少なくはありません。しかし、10万円毎に2000円が加算される返済方式や利用残高の比率に対し、返済額が少ない場合は最小返済額は避けるのが得策です。

これは、返済期間が長期化し、総返済額を大幅にアップさせてしまう危険性が高くなります。特に残高リボルビングスライド方式の場合、利用残高が多いほど利息が高くなり、へ毎月の返済額に対する元本比率が非常に低くなってしまいます。そして、最低返済額で返済を継続してしまうと元本が殆ど減らず、利息だけを支払うというリスクがあります。

そのため、予め返済計画を立て、『10万円の借り入れであれば1年以内で返済する」、『50万円なら2年ないしは3年以内に返済する』といったことが重要になります。例えば50万円を年利14.8%で借り入れし、最低返済額10000円で返済した場合、完済までに7.7年となり、総返済額も40万円程アップしてしまいます。

50万円の借り入れ、90万柄の返済になるのでは、早期に返済に浮いた利息分を貯蓄に廻す方が断然お得になります。返済額を10000円から15000円にアップするだけで、返済期間も大きく変わり、返済に悩むことも少なくなります。

三菱フィナンシャルグループのバンクイックとアコムのメリット

三菱東京UFJ銀行は大手の銀行でバンクイックというカードローンのサービスを提供しています。また三菱東京UFJ銀行の傘下に入っている消費者金融のアコムもあるのでお金を借りる時にどちらにするか迷ってしまう人も少なくないでしょう。そこでバンクイックとアコムのメリットを見ていく事にしましょう。

バンクイックのメリットは銀行のカードローンなのに即日融資が可能という点でしょう。三菱東京UFJ銀行の中にはテレビ窓口が設置されていてカードローンの申し込みをする事が出来ます。テレビ窓口で申込をすると審査が即日回答されて可決されればその場でカードが発行されるのでその後すぐにATMでお金を借りる事が出来ます。銀行のカードローンは審査の回答や融資を受ける事が出来るまで数日かかるのが基本なので即日融資を受ける事が出来るというのはメリットと言えます。

アコムのメリットはWeb完結で申し込めて即日融資を受けられるという点でしょう。アコムは今まで無人契約機のむじんくんが有名でしたが、スマートフォンの普及によってネットキャッシングが主流になっています。すべての手続きをインターネット上でする事も可能で来店不要で即日融資を受ける事が出来るというのがメリットになります。

バンクイックもアコムもメリットを見るとすごく便利に利用する事が出来るので自分に適した方を選ぶといいでしょう。

アコムの借換えローンの詳細などについて

利用することで返済管理を簡単にしたり、お得にしたりすることができる有名なローンしては借換えローンという種別のローンがありますが、大手消費者のアコムでも借換え専用ローンの取り扱いがあり、利用することで毎月の返済にかかる負担を軽減できる可能性があります。

アコムの借換えローンを契約する場合や利用する場合には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

・申込について

最初のステップとしては、まずフリーダイヤルへ問い合わせをすることをおすすめします。ここで契約に必要な書類や契約時の注意事項について知ることができるので、来店時の手間を減らすことができるのです。

なお、借換え専用ローンはインターネットからの申込には対応していないので、自動契約機からの申込、店頭窓口での申込、郵送での申込のいずれかの方法で契約することとなります。

・返済などについて

実質年率は7.7%から18.0%で、返済は毎月一回、原則として口座振替にて返済していくことになります。

カードローンの場合には任意で返済方法が選べるのに対し、借換え専用ローンは口座振替返済が原則となり、契約の際には引き落とし用の口座と口座の届出印が必要となる点に注意が必要です。

専業主婦は総量規制があるから借り入れはできない?

消費者金融などから借り入れを行う際に、専業主婦の方や収入が低い方は「総量規制」という制度により借り入れを行うことが難しくなってしまう場合があります。

果たしてこの「総量規制」とはどんな制度なのでしょうか。

総量規制は、個人で借り入れを行う場合に、借り過ぎにより返済が困難になることのないように「借り入れ額は、年収の1/3まで」と定めたルールです。ローンの種類によって一部例外もありますが、基本的には消費者金融やクレジットカード会社から借り入れを行う際にはこの「総量規制」が適用されます。

これにより、収入のない専業主婦や無職の方、収入の低い方は借り入れを行うことができなくなってしまう場合があります。ただし総量規制はすべての金融機関を対象に行われるわけではありません。総量規制は貸金業法という法律の中にある制度なので、貸金業者ではない金融機関であれば総量規制の制限を受けることなく借りを行うことができます。

総量規制対象外となる金融機関のひとつが銀行です。銀行カードローンは専業主婦の方でも総量規制の対象にならないので申し込むことができますし、借り入れ額が年収の1/3以上でも借りることができます。ただしそれとは別に審査がありますので、審査を通過することで初めて借り入れを行なうことができるのです。

キャッシングの比較は顧客満足度を反映したサイトを利用するべし!

銀行系、大手消費者金融や信販会社、そして中小消費者金融のキャッシングについてはインターネットの普及により簡単に口コミを確認することが出来ます。しかし、比較サイトで重要なのは顧客満足度であり、審査申し込みに対する比較よりも利用者の意見を反映していることが重要です。

そもそも、審査が通過した人は良い評価をしますし、通過しなかった人は悪い評価を行います。ですが、これはあくまで融資出来るか出来ないかの情報であり、実際に重要な利用時の情報が含まれていません。

そこで、比較する際に一番参考となるのが、実際に契約して借り入れを行った経験からの顧客満足度調査であり、この満足度内で問題を抱えるキャッシングについては注意を行う必要があります。例えば、審査通過した後から貸金業者からの電話が増えた、ダイレクトメールが自宅に送付されるようになったという内容には警戒することが重要です。そもそも、ダイレクトメールは家族に借り入れを知られる原因になります。また、電話については顧客情報が漏れているという危険性を指摘できます。

もし、比較サイトでこのような情報を見掛けた際は契約申し込みに注意することをおすすめします。

事前の準備徹底がとても大切な銀行のカードローン

銀行によるカードローンは、非常に大きなメリットがあります。やはり年利などかなり低めですし、多くの方々がとても高く評価しています。

ところで銀行でカードを作れる確率を高める為には、いくつかコツがあります。まず準備は徹底しておく方が良いでしょう。

主たるポイントは2つあって、まず銀行の口座を作っておく方が良いです。実は口座が無くても、カードローンでの申し込みを済ませる事はできます。しかしどうしても日数が多くなってしまう事は間違いありません。即日での借入が難しくなってしまいますから、やはり口座を作っておくに越した事は無いのです。

それともう1つが意外と大切で、どういった書類が求められるかを事前にリサーチしておく事です。そもそも銀行で何が必要になるかは、大抵は商品概要などに明記されています。それにざっと目を通しておくだけでも、随分と手続きがスムーズになるのです。特に補助書類や収入証明に関する確認はとても大切で、それを怠ってしまいますと、やはり即日の借入は難しくなります。

逆に書類を準備しておけば、非常にスムーズに手続きを進められる訳です。様々な事柄を考慮すると、やはり準備を徹底するに越した事は無いでしょう。

キャッシング契約したいんだけど時間が無い場合どうすればいいの?

キャッシングの契約を検討する際、一番問題となるのが時間だと考えます。時間と言っても様々な要素があり、『有給休暇を取得する日』、『契約のために窓口へ赴く時間』、『契約に掛かる時間』と様々なものがあります。

利用を検討または実際に契約する際、わざわざ1時間程度の手続きのために貴重な有給休暇を使用するのは躊躇うものとなり、休むなら家族サービスや心身を休める行為に費やしたいと考えます。例え、1時間程度のキャッシング契約時間だとしても、基本的には拘束状態となる上、審査通過するかと言う不安もあります。

そこで、オススメな方法がインターネット通信を利用した審査および契約方法です。これならば、有給休暇を取得する必要が無い上、いつでも審査・契約の申込が出来ます。また、審査結果についてはメールによる連絡となるため、わざわざ勤務中に電話に出る必要も無くなります。そもそも、勤務中に電話が掛かってきても折り返しの連絡は、17時を過ぎる可能性があり、キャッシング申込先の営業時間外となります。ここでもまた、時間という要素が大きく影響します。

しかし、インターネットを利用した申込は、即時審査が完了するわけではないものの、申込・審査・契約に掛かる時間を大きく削減することが出来ます。

銀行系カードローンは総量規制対象外

いろいろな消費者金融に借り入れがあって、年収との関係からこれ以上は借りられないのではないかと悩まれている方には銀行系カードローンをおすすめします。消費者金融の与信枠が少なく、すぐに借りられなくなってしまうのは借入総額が年収の3分の1までに制限される総量規制の影響を受けるためです。

返済実績も申し分なく、今後も継続して利用して欲しいと金融会社側が考えていても総量規制によって貸し出しが禁じられてしまいます。ところがこの規制を受けるのは貸金業法によって規制を受ける消費者金融のみで、銀行法に基づいて設立されている銀行は貸金業法の規制を受けないため、総量規制対象外となります。

そのため、銀行側が問題ないと判断すれば年収の3分の1を上回る限度額を設定してもらうことが可能です。銀行系カードローンは金利も安く設定されていることが多く、消費者金融からの借り換えを前提としたプランなども用意されているため、いままでよりも大きな利用可能枠を設定してもらえた上に月々の返済金額を減らすことが出来るという一挙両得な状況にすることも夢ではないかもしれません。

多数のローンを抱えた人に便利な「おまとめローン」

いくつもの会社でキャッシングを行い、複数のローンを抱えていると、いろいろな不都合が起こる場合があります。例えば、「返済期限を忘れてしまう」場合。それぞれのローンによって返済日が異なってしまい、もしどこかのローンを返済し忘れてしまった場合には、ほとんどの場合「遅延損害金」という罰金が発生します。

遅延損害金は通常の金利より高く金利を設定できるので、本来であれば払う必要のなかったお金まで払わなければならないことになってしまいます。そんなことを防ぐためにも、いくつものキャッシングローンを一つにまとめる「おまとめローン」が便利です。

これは、さまざまな会社からキャッシングした分を一つの会社がすべて支払ってしまい、その会社ひとつへの支払いをするというローンです。このおまとめローンを利用すれば、前述のように返済日を忘れてしまい余計なお金を支払うということもなくなり便利です。そもそもいくつものローンを別々に返す手間もなくなるため、手続きも簡便になり、ミスも少なくなります。さらに、この「おまとめローン」では、金利が安くなるというポイントがあります。

おまとめローンは利用者のすべてのローンを一括して管理することになるため、利用者が安定に返済できる長期の貸し付けになります。おまとめローンを実施する側も長期間の利用を見込んでいるため低金利で十分に元が取れることになり、利用者側としてもいくつもの会社に返済するより金利が安くなるため楽になります。こういったWin-Winの関係があるローンが「おまとめローン」です。複数のキャッシングを利用している方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。