キャッシングの返済は最低額でも大丈夫なの?

キャッシングを利用したら、次は返済についてじっくり考える必要があります。キャッシングの場合、負担の少ない返済をすることができますので10万円程度の借入なら毎月の返済額は3千円程度に抑えることができます。お金に困っている時は返済額が少ないほうが助かりますね。返済額からはまず利息分が引かれて、その残りが元本に充当されるのです。

例えば10万円を年利18%で借りて3千円の返済ですと完済するまでに51ヶ月、トータルの返済額は15万円を超えてしまうのです。つまり月々の負担は小さいけれど、長期に渡るほど支払う利息は増えてしまいます。

ですから最低額を返済すればいいとは言い切れません。お金に余裕がある時には多目に返済をして、キャッシングの残高を少しでも減らすようにしなくてはいけません。毎月の返済日に多目に返済する方法でも良いですし、ボーナスや臨時収入があった時にまとめて返済しても良いですね。

ただお金が厳しい時にまで無理にたくさん返済する必要はありません。無理に返済することはまたキャッシングを利用することにもなりかねませんので、計画的に焦らずじっくり返済をして確実にキャッシング残高を減らしていくことがキャッシングと上手に付き合っていくコツです。