おまとめローンの代わりに銀行カードローンを利用する

貸金業法で定められた総量規制の例外として、おまとめローンという商品ならば、消費者金融であっても年収の1/3を超えた借入が可能です。おまとめローンは、利息制限法に定められた上限金利が段階的に借入額が大きいほど制限が厳しくなることを利用し、100万円以上の利用残高時に15%の上限金利となることを利用した債務者にとって一方的に有利な借り換えに該当します。

100万円以下では上限金利が18%に設定されているので、3%程度の金利引下げ効果がおまとめローンには認められるからです。しかし、おまとめローンを利用すると、他社借入からの借り換え目的以外には使用できないので、他社契約は解約を前提に話しが進められます。解約を求められなかったとしても、おまとめローン完済までは追加借入が出来ない点に注意が必要です。

一方、銀行法による貸付が行われている銀行カードローンは、貸金業法とは異なる法律による貸付ですから、総量規制対象外です。返済能力が十分にあれば、大きな利用可能枠を設定してもらうことが出来るだけでなく、金利設定も消費者金融よりも低くなる傾向にあります。

銀行カードローンで大きな利用可能枠を確保出来れば、高金利な消費者金融からの借り換え先として利用可能です。銀行カードローンをおまとめローンの代わりとして利用すれば、少なくとも利用限度額の範囲内で追加借入が可能となり、いざという時の急な出費にも対応可能となるメリットがあります。