キャッシングの返済は、毎月しっかりと元本比率を高めよう!

キャッシング契約の中には、毎月の返済額が最低2000円からというものも増えています。また、50万円以下の返済額は最低10000円の定額になっていることも少なくはありません。しかし、10万円毎に2000円が加算される返済方式や利用残高の比率に対し、返済額が少ない場合は最小返済額は避けるのが得策です。

これは、返済期間が長期化し、総返済額を大幅にアップさせてしまう危険性が高くなります。特に残高リボルビングスライド方式の場合、利用残高が多いほど利息が高くなり、へ毎月の返済額に対する元本比率が非常に低くなってしまいます。そして、最低返済額で返済を継続してしまうと元本が殆ど減らず、利息だけを支払うというリスクがあります。

そのため、予め返済計画を立て、『10万円の借り入れであれば1年以内で返済する」、『50万円なら2年ないしは3年以内に返済する』といったことが重要になります。例えば50万円を年利14.8%で借り入れし、最低返済額10000円で返済した場合、完済までに7.7年となり、総返済額も40万円程アップしてしまいます。

50万円の借り入れ、90万柄の返済になるのでは、早期に返済に浮いた利息分を貯蓄に廻す方が断然お得になります。返済額を10000円から15000円にアップするだけで、返済期間も大きく変わり、返済に悩むことも少なくなります。