連続のキャッシング申し込みはどのくらいまでが許容範囲?

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンなどのキャシングローンは、必ず審査が通過するものではなく、大手消費者金融でも4割前後と高いものではありません。そのため、審査落ちというリスクは付きまといます。

しかし、どうしても現金が必要という場合、他社申し込みを検討するものの、ネット上の情報では短期間での申し込み連続は6ヶ月以上避けるなどが勧められており、悩みの種となります。キャッシング契約については、多重債務防止という観点から審査時には厳しくチェックが行われており、多重債務者と判断されないことが重要です。

では、どれだけの期間を設ければよいのか、何社までならOKから考えるはずです。キャッシングに限らず、ローン審査は複数社の審査を受けることがあり、個人信用情報の照会情報と契約情報は異なります。

少なくとも2社、多くて3社が許容できる範囲であり、同時申込は複数社から借り入れするリスクが高く、多重債務と見做される可能性が高いことから、審査に通過できなかったら2社までと考えることが重要です。3社以上ともなると、お金に困っていると警戒されるため注意が必要になります。