申し込みから融資までの流れとどの方法が早いのかについて

キャッシングの申し込み方法には有人店舗での窓口、無人ATM、Webからの申し込みがありますが基本的に行う申し込み内容は同じですので外出先、自宅からの違いだけとなります。

申し込みから融資までの流れはまず申し込み用紙に記入し本人確認を済ませ審査を受けて合格になればお金が借りられるとういのが大まかな流れとなりますが、分かりやすく一つずつ見て行きましょう。

まずお金を借りる場合は申し込み用紙に記入する事から始まります。項目数の多さに驚かれるかも知れませんがこれには理由があり後に受ける審査で大変重要な基本情報になりますので虚偽の記載をしたり、分からないからといって空欄が多くなることは避けて下さい。記入例を参考にしたり直接オペレーターへ電話で質問する事も出来ますので丁寧な記入を心掛けて作成して下さい。

申し込み用紙の記入が済みましたら次に他人になりしまして申し込みをしていないかを本人確認でチェックされます。この本人確認では身分を証明できる書類が必要となりますので運転免許証、保険証、住民票の写しなど1点だけ提示します。

Webからの申し込みでは携帯やスマホのカメラで撮影した上記1点を送信するだけでOKです。また携帯電話の番号やメールアドレスなどの確認は指定された電話番号、指定されたアドレス宛に送信するだけ認証を取ることが出来ます。あとは返済方法で銀行からの自動引き落としを選択された方のみキャッシュカードに刻印された口座番号や届け出をした印鑑の提出を求められるケースもありますので参考までに覚えておいて下さい。

ここまで済ましてからいざ審査という事になりますが、申し込みをした方の条件により審査時間にも影響があり初めてのキャッシングでしたら公式サイトにも掲載されていますように最短30分で審査を終えることも可能となります。ただ条件次第では審査時間がものすごくかかったり当日中には審査結果が出ず翌日威光になる方も出てきます。これは他社からの借り入れ件数、借り入れ総額も多くある多重債務の方によく見られる光景で当然審査には通らないケースも多くなりお金を借りる事が出来ない方もでてくるわけです。

初めてのキャッシングでしたらその辺は全く考慮されずスピーディな審査時間となりますので安心されて下さい。

そしてしばらく待っていると審査結果の知らせがメールか電話で連絡があり合格と判断されれば即日融資が出来るわけです。融資までの時間は会社によって違いはありますが本日の何時までに指定の口座に入金しますと知らせが来ますので、後は銀行でも最寄のコンビニのCDからでもお金を引き出す事ができる、これが融資までの流れとなります。

断トツにこの方法が1番早いという申し込み方法や組み合わせはありませんが、提出する書類や勤務先の住所等を事前に準備しておく事で融資までの時間は短縮できますので、自分の置かれた状況でのライフスタイルに合った方法で申し込みをされる事をお勧めします。