借り入れをまとめて返済を有利にする

金融機関からお金を借りている場合、その借入金の額に対応して法令上の最高利率が決まります。具体的には借り入れ総額が大きいほど、最高利率は下がります。しかし、借り入れを複数の機関から行っている場合、それぞれの借り入れに対して利率が決定するため、借り入れ総額と最高利率が対応していないことがあります。

そこで役に立つのがおまとめローンです。これは、複数の機関からの借り入れがある場合に、他の金融機関からの新たな借入金で返済して、残存する借り入れを新たな借り入れ一つにまとめるというものです。

これにより、借り入れ総額と最高利率を正確に対応させる出来るので、全体的な返済金額を減少させて、返済を有利に行うことができるのです。