レイクALSAのメリットについて

2018年4月からスタートしたキャッシングサービス、レイクALSAが注目されています。

レイクALSAは新生銀行レイクがリニューアルしたサービス、と言ってもよいと思いますが、大きな違いは、レイクALSAは消費者金融のキャッシングであることです。そのため、即日融資が可能になっています。

新生銀行レイクの特徴だった、提携ATMの手数料が無料、初めての利用で30日間無利息サービスか180日間無利息サービスのどちらかを利用できる、という利用者にとって有利なサービスはレイクALSAでもそのまま継続されています。

さらに注目すべき点は、レイクALSAではスマホを使ったサービスに力を入れていることです。レイクALSAの公式アプリe-アルサを利用することで、申込みから借り入れまで全てスマホで手続きできるだけではなく、スマホを使っての返済も可能で、カードレスで利用できるキャッシングサービスとなっています。

個人信用情報機関への照会はリアルタイム更新される!

銀行や消費者金融でキャッシング契約を申し込む場合、複数社同時の申し込みを避ける必要があります。今では、申し込みブラックと呼ばれる状況が知られており、短期間で申し込みが増えることは多重債務防止のため、審査落ちとなっています。

そもそも、個人信用情報機関への照会履歴はリアルタイムで更新されており、1社目が照会すると2社目が照会すると分かる状況になっています。

契約しなければ問題無いと思いがちですが、契約締結となったかは照会段階では分からないものとなっています。そして、万が一、全ての審査が通過し、複数社で契約してしまうと貸金業法の総量規制を超える可能性があり、消費者金融の場合は貸金業法違反になってしまうため、申し込みブラックは消費者金融にとっても自己防衛として判断しています。

審査通過の可能性を上げるため、同時申込をしたり、契約しなければ影響がないと考えることは避けることが重要になります。

あまり心配する必要なし!楽天銀行スーパーローンの在籍確認の特徴は?

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので手続きはWEB完結になります。スマホだけで申し込みをする事が出来るので便利を感じている人も多いですが、在籍確認は勤務先に電話をかける方法で行われるので不安を感じてしまう人もいます。そこで楽天銀行スーパーローンの在籍確認の特徴を見ていく事にしましょう。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認は担当者が勤務先に電話をかけますが、名乗り方は担当者名になります。勤務先の人から社名を聞かれた場合は楽天銀行と名乗るようにしています。

在籍を確認する事が出来たらすぐに電話を切るので職場の上司や同僚にカードローンを利用する事は分かりません。安心する事が出来る内容となっているのであまり心配する必要はないでしょう。

学生でもキャッシングは可能なのか

親からの支援が十分に受けられない学生にとってお金に困ってしまうようになります。

十分に働けるのならなんとかなりますが、しかし、働ける時間は限られてしまいますので思うように稼ぐのは大変です。

そこで知りたくなるのが、学生でも困った時にキャッシングすることは可能なのかどうかです。

実は学生でもキャッシングは可能としていて、困った時に大きな助けになります。

ただ、どんな人でも借りられるわけではなく、いくつかの条件をクリアしていなければいけません。

まず未成年不可としている消費者金融や銀行がほとんどなので、成人していなければいけません。

そして、収入がないと総量規制の問題で借りられなくなってしまいますので、バイトしている必要があります。

成人していてバイトしているけれどもお金がどうしても足りないとなった時にキャッシングの検討をしましょう。

カードローンの利用限度額と増額申込みについて

カードローンの審査に通ったけれども、利用限度額が希望金額よりも低くてがっかりした、という話を聞くことがあります。

カードローンでは、1人1人に対して利用限度額が決められます。初めての申し込みでは50万円未満になるのが一般的です。

この利用限度額は、後日増額申込みをすることができます。

増額申込みでは再び審査があり、それまでの利用状況や返済状況の他、勤め先や住所、年収などに変化がないかといったことが確認されます。

増額申込みのタイミングとしては、半年以上のカードローンの利用履歴があること、その間に返済の延滞をしていないこと等が見極めのポイントとなります。増額申込みをして審査に落ちてしまうと、当分は申し込みが出来なくなってしまいます。

増額申込みは、返済を滞らせないように気を付けることから始まると言えそうです。

消費者金融におけるキャッシングの借入審査について

消費者金融の借入審査において最も重要視されるのが収入の多さではなく、その収入がどのくらい安定しているかという点です。安定した収入がなければキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性が高いというのがその根拠となっているからです。もちろん、収入が多い方がキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性は低くなるのですが、その収入が非常に不安定なものだとしたら将来的にキャッシングの返済が困難になってしまう恐れがあります。

そのため、消費者金融の借入審査においては収入の多さよりも、その安定性が求められているのです。そのため、よほどの大金を借りるのではない限り、アルバイトやパートといった働き方をしている人であっても、その収入が安定しているのであれば借入審査にパスすることができるようになっています。

利息によってキャッシングで借り入れたお金を返済する負担が変わってくる

キャッシングでお金を借りますと、返済の時に利息が発生してきますが、これは消費者金融会社が審査時に借入利率から計算して決定します。その為、多くの人々が借り入れた金額に応じて利息による負担が加算されていく事になります。利息を減らしたいのであれば、借入利率が低いキャッシングを選ぶか、初回利用を条件にしている利息ゼロのキャッシングを利用するかを選択する必要があるでしょう。

利息で消費者金融会社を選ぶ事で、ユーザーは無理をせずに計画を立てて使っていく事が出来ます。キャッシングは限度額が設定されていますが、その限度額まで借り入れができ、期日までに利息を付けて返済する仕組みです。限度額いっぱいまで使ったり、何度も利用したりといった事が可能ですが、その借り入れた額に応じて利息が発生する事に注意が必要です。

審査が甘いと言われる地方銀行カードローンには危険もあります

最近スルガ銀行が、シェアハウス事業を転換する会社が通帳を改ざんしているのを知りながら過剰融資していたことが発覚し、問題視されています。中には年収が400万円ほどしかないのに1億円もの融資を受けている人もいるそうです。私は借りる方にも問題があると思いますが、皆さんはどう思われるでしょうか?

ちなみにカードローンでも同じようなことが行われているケースがあるようです。大手はそんなずさんな審査はしませんが、経営の怪しい地方銀行は普通の審査では通らないような申込み者でも通してしまうケースも多いようです。

一見審査に通ってラッキーかと思いがちですが、後で返済できずに泣きを見るのは利用者の方です。ですから本当に借入が必要かどうか、計画的に返済できるかよく考えた上で契約しましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行カードローンは勤務先に電話をかけて在籍確認をしますが、職場の上司や同僚にお金を借りる事がバレてしまうのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。そこでみずほ銀行カードローンの在籍確認について見ていく事にしましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は最初に勤務先に電話をかけますが、みずほ銀行と名乗るのでカードローンを利用する事は分かりません。それで在籍確認が取れたらその時点で終了となって審査が可決されます。しかし勤務先に電話をかけた時に誰も出ないようだと在籍確認が取れないので審査が完了しません。

電話をかけてきた時に誰かしらが出られるようにしておく必要があります。申し込みをする時に在籍確認の電話をかけてほしい時間帯を銀行側に伝えておくといいでしょう。

キャッシングは学生も利用できる場合があるって知ってますか?

借りたものは返すのが一般的なルールです。当然キャッシングをしたら、借りた分に利子を乗せて返済しなければいけません。では働いてない学生はキャッシングをすることができるのでしょうか?答えを書くと、働いてない学生はキャッシングをすることはできません。

一部できるところもあるそうですが、例外的なのでそれを当てにしないようにしましょう。ただバイトなどをしているのならば話は別です。返済能力があれば学生であってもキャッシングすることは原則可能です。ただし昨日今日バイトを始めた場合はさすがに無理なようです。

せめて同じところで数か月バイトをしてからキャッシングを申し込むようにしましょう。あと消費貸借契約を結ぶことになるので、20歳以上であることも必須となります。学生でも条件を満たせばキャッシングできるので覚えておいてください。