専業主婦は総量規制があるから借り入れはできない?

消費者金融などから借り入れを行う際に、専業主婦の方や収入が低い方は「総量規制」という制度により借り入れを行うことが難しくなってしまう場合があります。

果たしてこの「総量規制」とはどんな制度なのでしょうか。

総量規制は、個人で借り入れを行う場合に、借り過ぎにより返済が困難になることのないように「借り入れ額は、年収の1/3まで」と定めたルールです。ローンの種類によって一部例外もありますが、基本的には消費者金融やクレジットカード会社から借り入れを行う際にはこの「総量規制」が適用されます。

これにより、収入のない専業主婦や無職の方、収入の低い方は借り入れを行うことができなくなってしまう場合があります。ただし総量規制はすべての金融機関を対象に行われるわけではありません。総量規制は貸金業法という法律の中にある制度なので、貸金業者ではない金融機関であれば総量規制の制限を受けることなく借りを行うことができます。

総量規制対象外となる金融機関のひとつが銀行です。銀行カードローンは専業主婦の方でも総量規制の対象にならないので申し込むことができますし、借り入れ額が年収の1/3以上でも借りることができます。ただしそれとは別に審査がありますので、審査を通過することで初めて借り入れを行なうことができるのです。

キャッシングの比較は顧客満足度を反映したサイトを利用するべし!

銀行系、大手消費者金融や信販会社、そして中小消費者金融のキャッシングについてはインターネットの普及により簡単に口コミを確認することが出来ます。しかし、比較サイトで重要なのは顧客満足度であり、審査申し込みに対する比較よりも利用者の意見を反映していることが重要です。

そもそも、審査が通過した人は良い評価をしますし、通過しなかった人は悪い評価を行います。ですが、これはあくまで融資出来るか出来ないかの情報であり、実際に重要な利用時の情報が含まれていません。

そこで、比較する際に一番参考となるのが、実際に契約して借り入れを行った経験からの顧客満足度調査であり、この満足度内で問題を抱えるキャッシングについては注意を行う必要があります。例えば、審査通過した後から貸金業者からの電話が増えた、ダイレクトメールが自宅に送付されるようになったという内容には警戒することが重要です。そもそも、ダイレクトメールは家族に借り入れを知られる原因になります。また、電話については顧客情報が漏れているという危険性を指摘できます。

もし、比較サイトでこのような情報を見掛けた際は契約申し込みに注意することをおすすめします。

事前の準備徹底がとても大切な銀行のカードローン

銀行によるカードローンは、非常に大きなメリットがあります。やはり年利などかなり低めですし、多くの方々がとても高く評価しています。

ところで銀行でカードを作れる確率を高める為には、いくつかコツがあります。まず準備は徹底しておく方が良いでしょう。

主たるポイントは2つあって、まず銀行の口座を作っておく方が良いです。実は口座が無くても、カードローンでの申し込みを済ませる事はできます。しかしどうしても日数が多くなってしまう事は間違いありません。即日での借入が難しくなってしまいますから、やはり口座を作っておくに越した事は無いのです。

それともう1つが意外と大切で、どういった書類が求められるかを事前にリサーチしておく事です。そもそも銀行で何が必要になるかは、大抵は商品概要などに明記されています。それにざっと目を通しておくだけでも、随分と手続きがスムーズになるのです。特に補助書類や収入証明に関する確認はとても大切で、それを怠ってしまいますと、やはり即日の借入は難しくなります。

逆に書類を準備しておけば、非常にスムーズに手続きを進められる訳です。様々な事柄を考慮すると、やはり準備を徹底するに越した事は無いでしょう。

キャッシング契約したいんだけど時間が無い場合どうすればいいの?

キャッシングの契約を検討する際、一番問題となるのが時間だと考えます。時間と言っても様々な要素があり、『有給休暇を取得する日』、『契約のために窓口へ赴く時間』、『契約に掛かる時間』と様々なものがあります。

利用を検討または実際に契約する際、わざわざ1時間程度の手続きのために貴重な有給休暇を使用するのは躊躇うものとなり、休むなら家族サービスや心身を休める行為に費やしたいと考えます。例え、1時間程度のキャッシング契約時間だとしても、基本的には拘束状態となる上、審査通過するかと言う不安もあります。

そこで、オススメな方法がインターネット通信を利用した審査および契約方法です。これならば、有給休暇を取得する必要が無い上、いつでも審査・契約の申込が出来ます。また、審査結果についてはメールによる連絡となるため、わざわざ勤務中に電話に出る必要も無くなります。そもそも、勤務中に電話が掛かってきても折り返しの連絡は、17時を過ぎる可能性があり、キャッシング申込先の営業時間外となります。ここでもまた、時間という要素が大きく影響します。

しかし、インターネットを利用した申込は、即時審査が完了するわけではないものの、申込・審査・契約に掛かる時間を大きく削減することが出来ます。

銀行系カードローンは総量規制対象外

いろいろな消費者金融に借り入れがあって、年収との関係からこれ以上は借りられないのではないかと悩まれている方には銀行系カードローンをおすすめします。消費者金融の与信枠が少なく、すぐに借りられなくなってしまうのは借入総額が年収の3分の1までに制限される総量規制の影響を受けるためです。

返済実績も申し分なく、今後も継続して利用して欲しいと金融会社側が考えていても総量規制によって貸し出しが禁じられてしまいます。ところがこの規制を受けるのは貸金業法によって規制を受ける消費者金融のみで、銀行法に基づいて設立されている銀行は貸金業法の規制を受けないため、総量規制対象外となります。

そのため、銀行側が問題ないと判断すれば年収の3分の1を上回る限度額を設定してもらうことが可能です。銀行系カードローンは金利も安く設定されていることが多く、消費者金融からの借り換えを前提としたプランなども用意されているため、いままでよりも大きな利用可能枠を設定してもらえた上に月々の返済金額を減らすことが出来るという一挙両得な状況にすることも夢ではないかもしれません。

多数のローンを抱えた人に便利な「おまとめローン」

いくつもの会社でキャッシングを行い、複数のローンを抱えていると、いろいろな不都合が起こる場合があります。例えば、「返済期限を忘れてしまう」場合。それぞれのローンによって返済日が異なってしまい、もしどこかのローンを返済し忘れてしまった場合には、ほとんどの場合「遅延損害金」という罰金が発生します。

遅延損害金は通常の金利より高く金利を設定できるので、本来であれば払う必要のなかったお金まで払わなければならないことになってしまいます。そんなことを防ぐためにも、いくつものキャッシングローンを一つにまとめる「おまとめローン」が便利です。

これは、さまざまな会社からキャッシングした分を一つの会社がすべて支払ってしまい、その会社ひとつへの支払いをするというローンです。このおまとめローンを利用すれば、前述のように返済日を忘れてしまい余計なお金を支払うということもなくなり便利です。そもそもいくつものローンを別々に返す手間もなくなるため、手続きも簡便になり、ミスも少なくなります。さらに、この「おまとめローン」では、金利が安くなるというポイントがあります。

おまとめローンは利用者のすべてのローンを一括して管理することになるため、利用者が安定に返済できる長期の貸し付けになります。おまとめローンを実施する側も長期間の利用を見込んでいるため低金利で十分に元が取れることになり、利用者側としてもいくつもの会社に返済するより金利が安くなるため楽になります。こういったWin-Winの関係があるローンが「おまとめローン」です。複数のキャッシングを利用している方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシングの本人確認が難しい場合

派遣をやっているとキャッシングに申込した時本人確認の電話が難しい場合が多いですよね。

自分は社員にならず派遣で35歳になってもやっているのですが、本人確認が難しいので今までキャッシングやローンなどで借りたことがなかったんです。

しかし、どうしても彼女の誕生日にお金が必要で、CMでプロミスの宣伝をみてネットで内容を確認してみると、

本人確認が難しい場合は社員証などでも大丈夫とのことだったのでさっそく申込をしてみることにしました。

今、自分が勤めている会社は電話はあるのですが基本社員が電話にでるようになっており、派遣で個人宛の電話は受付ないスタイルなんです。

申込をしてからプロミスの担当の方から電話あり、その時に本人確認が難しい旨を伝えると、

本人がそこで働いている証明書があれば問題ないとのことで、社員証をスマホで撮影し画像をプロミスのサイトよりアップし審査結果を待ちました。

審査結果は無事に通り、その後カードが発行され郵送されるみたいで、カードの到着が楽しみです。

やはり最近は派遣が多いので消費者金融も柔軟に対応しているのでしょうね。

証明書は聞いたところ、社員証か保険証または直近の給料証明書などが対象なようです。

キャッシングの際に行われる審査

キャッシングを申し込んだ場合、お金を借りられるようになる前に、必ず審査が行われます。貸す側の消費者金融やカードローン会社にしてみれば、貸したお金が必ず返ってくる、ということを確認することが、当然、必要だからです。では、この審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。まず、申込者が申込書に記入した氏名や住所が正確かどうかが確認されます。

これは一般に、本人確認と呼ばれています。そして、この本人確認は、申込者の運転免許証か健康保険証、またはパスポートを、申込書の記入内容と見比べることによって行われます。それで、キャッシングを申し込みに行く時には、これら身分証明書になる書類のうちどれか一点を、忘れずに持って行きましょう。次に、審査ではもう一つ、申込者に一定の収入があるかどうかということが確認されます。これは、在籍証明と呼ばれています。では、この在籍証明はどのようにして行われるのでしょうか。

それは、申込書に記入された勤務先の電話番号に、実際に電話することによって行われます。こう聞くと少し不安になるかもしれませんが、この電話で消費者金融の名前が出されることはありませんので、勤務先にキャッシングのことが知られる恐れはありません。それで、勤務先の電話番号も調べておいて、正確に記入するようにしましょう。これまでに述べた本人確認と在籍証明が無事に終われば、キャッシングを利用することが出来るでしょう。

カードローンの金利比較について

カードローンを契約し、融資を受けると借りたお金にプラスして、いわゆる利子を加えた金額を返済することになります。元金に、利子を上乗せした金額が、返済期日までの返済金額になるのは当然のことです。なので、金利の低いカードローンを選び、契約して使えば、返済の負担をできるだけ軽減することが可能になるのです。

借りたお金が返すまでに日数がかかったり、高額の融資を受けた時には、返済に必要な金額も当然増えます。少ない利息で返済をするためには、まずは、低金利で融資をしてくれる金融業者を探すことが大事です。カードローンの金利は法律によって決められていますが、決められている金利の範囲内であれば金融業者の裁量で金利を設定できる事になっています。

金利は3%~18%となりますが、3%と10%の違いは、見た目で感じる以上に大きく、利子が断然違ってきてしまいます。何%の金利で融資をしているカードローンなのかをしっかり確認して、返済プランを立ててみることです。場合によっては、金利が変わることも想定に入れた上で、下調べをしなければいけません。

定期預金口座を持っている人に対しては低金利での融資をしている銀行もありますので、どのカードローン会社がいいかは一概には言えません。低金利で融資ができるカードローン会社からお金を借りられれば、その分、返済が楽になります。出来る限り低金利の借り入れをすることができれば、毎月の返済金額の負担が楽になることで完済しやすくなり、生活にも余裕がでることになるでしょう。

※参考になりました
すぐにアコム借り入れ

楽天ローンが選ばれる理由と特徴とは

人生の中には、まとまったお金が必要となる事が何度か訪れます。そんな時に、必要な資金が十分でなかったり、貯蓄を切り崩したくない場合フリーローンを利用する人も多いでしょう。

楽天市場で有名な楽天ローンは限度額が500万円までと高く、また金利は4.9%から14.5%と抑え目になっており利用しやすいカードローンのひとつとなっています。楽天ローンの特徴は、原則として限度額が300万円までなら収入証明書が不必要なこと、申し込みから借入、返済までネットで完結出来る点でしょう。

また消費者金融ではないので、総量規制の対象ではありません。ですからなかなかお金の借りにくい専業主婦でも楽天ローンなら50万円までの借入が可能です。最も融資を受けにくい専業主婦でも借り入れ可能なので、勿論パートやバイト、そして収入のある20歳以上の学生でも楽天ローンを利用する事が出来ます。

楽天ローンでは、借りたお金の使用目的は原則自由ですが、限度額が500万円までそして金利も低いという事からおまとめローンとして申し込む人も多くなっています。そのほかにも、学費や引っ越し費用など様々な目的で楽天ローンを利用している方々がいるのです。ローンなのに、楽天市場での買い物時に使える楽天ポイントが貰えるので、楽天を多く利用しているなら楽天ローンで融資を受けるのはお勧めです。

楽天ローンは利用のしやすさとお得さで、これからも利用者の数が伸びていきそうなローンとなっています。