• ローンだけでなく会員サービスも充実しているレイク

    新生銀行のレイクは、キャシング会社の中でも充実したサービスで人気の会社です。その中でも、レイクに契約した人向けに用意されている会員サービスでは、様々なサービスを受けることが出来ます。

    たとえば、わざわざ店舗やATMに行かなくても指定の口座に振込みを受けられるサービスや、インターネットバンキングの口座から直接返済を行なうことのできるWeb返済など、借入れや返済がパソコンやスマートフォンの操作だけで完結してしまうのです。

    また、レイクの契約期間が長くなると、当初の借入限度額をアップさせることが出来るようになりますが、こお利用限度額も会員サービスのページで確認できてしまいます。現在の借入れ限度額ではちょっと物足りなくなってきたという場合は、会員サービスページから限度額の増額を申し込めば、レイクはすぐに対応してくれます。

    この他にも、現在の取引状況の確認を行なったり、取引の明細を見ることもできます。レイクは徹底した情報管理を行なっているので、書類などで明細を確認するよりも、Web明細を利用した方が遥かに安全ではないでしょうか。様々なカードローン商品が用意されているのもレイクの魅力ですが、利用者にとって不便を感じさせない便利な会員サービスも、レイクが人気な理由かもしれません。



  • 知らなきゃソン!「無利息のカードローン」

    「おトクにお金を借りたい」「親戚や親に迷惑をかけずに、お金を借りたい」そんな方からも注目されているのが「無利息カードローン」の存在です。
    無利息のカードローンは、一定の期間であれば、利息がフリー、つまりタダで借りられるというメリットがあります。

    親戚や兄弟、両親や奥さまなどにもバレることなく、こっそりお金を拝借することができます。期間内に返却をキチンとおこなえば、利息がフリー。
    まとまった金額でも、スピーディーに借り入れを進めることができますよ。

    「知り合いのお葬式、香典を包むお金を借りたい」「突然の病気、入院費用が足りない」「子どもの進学資金を一時的に借りたい」「給料日前の飲み会、お金が足りない」こんな時でも大丈夫、無利息のカードローンがあなたを応援してくれますよ。

    また無利息のカードローンを借りる場合には、ちょっとした注意点もあります。

    それは「無料の期間内にキチンと返済を済ませる」ことです。当然ですが無料の期間がすぎると、利息が発生します。
    返済日をウッカリ忘れていると、あとから、とんでもない金額を請求されることもあります。

    返済日はカレンダーメモやスマホのスケジュールにきちんと記載して、返し忘れのないように気をつけましょう。



  • キャッシングで増額申込みをしたい時に

    カードローン、キャッシングで借り入れ申請をしたものの、考えていたよりお金が必要になってもう少し借り入れが必要になった、という事はあながちない事ではありません。

    特に旅行先や親類縁者の冠婚葬祭などは意外な出費が重なったりするものです。

    では、そんな時にいそいで増額申込みは出来るのでしょうか?

    これはカードローン会社によって手続きが違うようですが、プロミスなどの場合は限度額内なら当日に増額申込みも可能のようです。

    しかもインターネットで手続きが出来て、店頭に行く必要もありません。

    出先で急に、という事になったとしてもこれなら心強いですね。

    ただし、増額申込みが限度額の50万円を越える場合や他での借り入れも合わせて100万円を越える場合には収入証明書が必要になって来るので注意が必要です。

    申し込み自体はとても簡単で、とりあえずプロミスを例にすると、会員サービスサイトにログインして増額申込みをして、その希望限度額と連絡先を打ち込むだけで自分からやるべき事は完了します。

    その後カードローン会社から確認が来て、必要な手続きを説明された通りにやればOKなのです。

    基本的には銀行系以外は限度額内なら増額申込みには寛容のようです。

    ただ、どうしても余計な手間が必要になってしまうので、出来れば最初の申し込みの時にある程度余裕を持たせて借りた方が良いかもしれません。

    とは言え、利息の事を考えればどうしてもギリギリで申し込んでしまいますよね。

    いざという時に慌てないように、急にお金が必要になる場合の事も考えて、自分の借りる会社では増額申込みについてどういう手続が必要なのかを事前に調べておくと良いと思います。



  • 借り入れはまずは銀行ローンで

    銀行ローンは、消費者金融よりも金利が安く借り入れができます。

    銀行ローンは信用ができる、安心ができる、金利が安い、とメリットがありますが銀行によっては即日融資ができなかったり、と融資速度に難がある場合もあります。

    キャッシングをしたい、と思い立ったらまずは銀行ローンでの借り入れがお勧めです。

    消費者金融キャッシングと銀行カードローンとなると金利に大幅な差が出てしまうためです。

    即日で借り入れたい、一時間以内に借り入れたい、と時間に焦っている人は銀行カードローンよりも素早い融資を売りにしている消費者金融にて借り入れを行います。

    銀行ローンのサービスも各銀行で異なるために、比較サイトを閲覧してみるといいでしょう。

    比較サイトにおいては、各銀行のメリットデメリットが一目で分かるようになっています。

    有名コンビニ銀行や、インターネット銀行でもキャッシングができるために、イメージで借入先を選ぶのも良いでしょう。

    消費者金融でお金を借り入れ、もし返済ができなければ遅延損害金を支払ったり、金利のみの支払いで許可してもらったり、と少々の融通がききますが銀行となると、一度でも返済が遅れてしまえば後に借り入れができなくなってしまう場合が多いです。

    消費者金融は敷居の低さを売りにしており、銀行で借り入れできなくなった人に向いています。

    お金を借り入れるならば、まずは銀行ローンに申し込み、それでも通過しなかったら消費者金融で借り入れる、と順序を踏むと良いでしょう。

    普段お金を預けている地方銀行でも、ローンサービスを行なっています。



  • キャッシングの審査は難しくない

    キャッシングに興味はあっても審査が難しいのではと諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    最近ではコマーシャルでもキャッシングについての、情報を耳にする事ができるようになっています。

    ほとんどの方が気軽に利用できるように配慮されているのです。

    しかし具体的な利用の仕方を知らない方もいらっしゃるはずです。

    昔より改良されたポイントはたくさんありますが、その一つ目はインターネット上でやり取りができるようになったという事です。

    ローン会社の方と顔を合わせたり、直接話をするという必要がなくなっています。

    インターネットともちろんパソコンだけではありません。

    携帯電話からの申し込みや契約も可能です。

    まずは申し込みをして審査に移りますが、審査も特別に難しいものではありません。

    お金を借りて返すという事が前提になりますので、それだけの信用性があるかをチェックされる事になるのです。

    その為に正社員という形態が有利となりますが、パートや主婦の方でも利用できるキャッシングが増えていますから心配する必要はありません。

    後は審査に必要な項目に沿って正しく答えていけば、審査の結果を待つだけです。

    その日の内に借り入れが可能となっているローン会社もたくさんありますから、急いでいる方はそうしたローン会社で申し込む事をおすすめします。

    ローン会社は似ているようで、それぞれ独自のサービスや違いもあります。

    たくさんの情報から選んだローン会社なら、よりキャッシングも利用しやすくなるのではないでしょうか。

    ※参考になったサイトです
    自動契約機ですぐにお金を借りたい!



  • キャッシングの審査

    急に現金が必要な時というのがあるものです。

    その時のために、いつでもキャッシングする手立てがあればとても便利です。

    イザという場合に備えておくと、とても便利です。

    そのキャッシングにも使うための審査があります。

    大抵は審査に通るものですが、キャッシングを行っている金融機関で厳しい所、簡単に通る所があります。

    消費者金融等は、比較的にスムーズに通るかと思われますが、銀行系のカードローンでは、それなりの審査があり時間がかかることも

    しばしばです。

    とは言うものの、利便性や金利の違いを見てみると銀行系カードローンが金利が低いこともあり、審査の難しさだけで選ぶだけでは良し悪しは

    言えないものです。

    銀行系ローンの場合、色々なATMコーナーでキャッシングできるのも使い勝手がいいのです。

    最近は、クレジットカードでもキャッシングができることもありますが、

    そのあたりを考慮した選択が必要になってくるでしょう。

    審査に通るためには、日頃の決済で支払遅延を起こさないようにすることが必要です。

    クレジットカードによる決済で引き落としの際に、延滞が発生した後の審査では合格が難しいこともあるからです。

    よって、キャッシングできるための準備においては、審査だけではなく色々な面からの検討が必要になってくると思われます。