カードローンの利用限度額と増額申込みについて

カードローンの審査に通ったけれども、利用限度額が希望金額よりも低くてがっかりした、という話を聞くことがあります。

カードローンでは、1人1人に対して利用限度額が決められます。初めての申し込みでは50万円未満になるのが一般的です。

この利用限度額は、後日増額申込みをすることができます。

増額申込みでは再び審査があり、それまでの利用状況や返済状況の他、勤め先や住所、年収などに変化がないかといったことが確認されます。

増額申込みのタイミングとしては、半年以上のカードローンの利用履歴があること、その間に返済の延滞をしていないこと等が見極めのポイントとなります。増額申込みをして審査に落ちてしまうと、当分は申し込みが出来なくなってしまいます。

増額申込みは、返済を滞らせないように気を付けることから始まると言えそうです。

消費者金融におけるキャッシングの借入審査について

消費者金融の借入審査において最も重要視されるのが収入の多さではなく、その収入がどのくらい安定しているかという点です。安定した収入がなければキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性が高いというのがその根拠となっているからです。もちろん、収入が多い方がキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性は低くなるのですが、その収入が非常に不安定なものだとしたら将来的にキャッシングの返済が困難になってしまう恐れがあります。

そのため、消費者金融の借入審査においては収入の多さよりも、その安定性が求められているのです。そのため、よほどの大金を借りるのではない限り、アルバイトやパートといった働き方をしている人であっても、その収入が安定しているのであれば借入審査にパスすることができるようになっています。

利息によってキャッシングで借り入れたお金を返済する負担が変わってくる

キャッシングでお金を借りますと、返済の時に利息が発生してきますが、これは消費者金融会社が審査時に借入利率から計算して決定します。その為、多くの人々が借り入れた金額に応じて利息による負担が加算されていく事になります。利息を減らしたいのであれば、借入利率が低いキャッシングを選ぶか、初回利用を条件にしている利息ゼロのキャッシングを利用するかを選択する必要があるでしょう。

利息で消費者金融会社を選ぶ事で、ユーザーは無理をせずに計画を立てて使っていく事が出来ます。キャッシングは限度額が設定されていますが、その限度額まで借り入れができ、期日までに利息を付けて返済する仕組みです。限度額いっぱいまで使ったり、何度も利用したりといった事が可能ですが、その借り入れた額に応じて利息が発生する事に注意が必要です。

審査が甘いと言われる地方銀行カードローンには危険もあります

最近スルガ銀行が、シェアハウス事業を転換する会社が通帳を改ざんしているのを知りながら過剰融資していたことが発覚し、問題視されています。中には年収が400万円ほどしかないのに1億円もの融資を受けている人もいるそうです。私は借りる方にも問題があると思いますが、皆さんはどう思われるでしょうか?

ちなみにカードローンでも同じようなことが行われているケースがあるようです。大手はそんなずさんな審査はしませんが、経営の怪しい地方銀行は普通の審査では通らないような申込み者でも通してしまうケースも多いようです。

一見審査に通ってラッキーかと思いがちですが、後で返済できずに泣きを見るのは利用者の方です。ですから本当に借入が必要かどうか、計画的に返済できるかよく考えた上で契約しましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認について

みずほ銀行カードローンは勤務先に電話をかけて在籍確認をしますが、職場の上司や同僚にお金を借りる事がバレてしまうのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。そこでみずほ銀行カードローンの在籍確認について見ていく事にしましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は最初に勤務先に電話をかけますが、みずほ銀行と名乗るのでカードローンを利用する事は分かりません。それで在籍確認が取れたらその時点で終了となって審査が可決されます。しかし勤務先に電話をかけた時に誰も出ないようだと在籍確認が取れないので審査が完了しません。

電話をかけてきた時に誰かしらが出られるようにしておく必要があります。申し込みをする時に在籍確認の電話をかけてほしい時間帯を銀行側に伝えておくといいでしょう。

キャッシングは学生も利用できる場合があるって知ってますか?

借りたものは返すのが一般的なルールです。当然キャッシングをしたら、借りた分に利子を乗せて返済しなければいけません。では働いてない学生はキャッシングをすることができるのでしょうか?答えを書くと、働いてない学生はキャッシングをすることはできません。

一部できるところもあるそうですが、例外的なのでそれを当てにしないようにしましょう。ただバイトなどをしているのならば話は別です。返済能力があれば学生であってもキャッシングすることは原則可能です。ただし昨日今日バイトを始めた場合はさすがに無理なようです。

せめて同じところで数か月バイトをしてからキャッシングを申し込むようにしましょう。あと消費貸借契約を結ぶことになるので、20歳以上であることも必須となります。学生でも条件を満たせばキャッシングできるので覚えておいてください。

連続のキャッシング申し込みはどのくらいまでが許容範囲?

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンなどのキャシングローンは、必ず審査が通過するものではなく、大手消費者金融でも4割前後と高いものではありません。そのため、審査落ちというリスクは付きまといます。

しかし、どうしても現金が必要という場合、他社申し込みを検討するものの、ネット上の情報では短期間での申し込み連続は6ヶ月以上避けるなどが勧められており、悩みの種となります。キャッシング契約については、多重債務防止という観点から審査時には厳しくチェックが行われており、多重債務者と判断されないことが重要です。

では、どれだけの期間を設ければよいのか、何社までならOKから考えるはずです。キャッシングに限らず、ローン審査は複数社の審査を受けることがあり、個人信用情報の照会情報と契約情報は異なります。

少なくとも2社、多くて3社が許容できる範囲であり、同時申込は複数社から借り入れするリスクが高く、多重債務と見做される可能性が高いことから、審査に通過できなかったら2社までと考えることが重要です。3社以上ともなると、お金に困っていると警戒されるため注意が必要になります。

様々な部分で異なっているキャッシングを比較

キャッシングの利用を検討している方は、利息部分が異なっているので比較しなくてはいけない部分です。利息が少しでも低く定められているキャッシングを選択できれば、長期融資を受けている状態でも少ないお金で完済を目指せるようになるからです。

利息はちょっとした違いでも完済するまでに必要なお金が異なってくるため、徹底的に比較をしなくてはいけません。キャッシングを行っている消費者金融のホームページや資料などをチェックしていけば、簡単に確認することができます。

中にはびっくりするほど低い利息に定められている消費者金融もあるので、気軽にお金を借りられるようになっています。逆に利息が高い消費者金融のキャッシングを選択してしまうと多くのお金を支払わなくてはいけなくなるために比較が必要不可欠です。

借金をし過ぎないための総量規制

キャッシングをする際には「総量規制」という言葉を耳にすることもあると思います。

総量規制は消費者金融などで用いられ、利用者の年収の1/3以上の貸し付けをすることはできないという決まりです。

金融機関としても貸し倒れのリスクを減らして損を減らすことができ、利用者が借金をし過ぎないようにするために作られた決まりといえます。

年収が低い人は多くの借金をすることはできないというのは当たり前のようにも思えますが、これによって専業主婦やパート・アルバイトの方など収入が少ない人も借り入れがしづらくなるという側面もあります。

総量規制の対象ではない銀行などの金融機関では収入に関係なく誰もがキャッシングに申し込める仕組みになっているところもありますが、収入は審査に大きく影響を及ぼす項目であることはどの金融機関も共通しているようです。

カードローンの増額申込みのタイミングについて

カードローンの審査に通ると、1人1人に対して利用限度額が決まります。この限度額は、必ずしも希望通りとはならず、初めて申し込んだ場合は30万円程度に決まることが多いようです。中には、審査には通ったものの、10万円に決まってがっかりした、という人もいます。

カードローンを利用していて、もう少し借りたいという場合には、増額申込みをすることができます。

増額申込みをすると、再度審査があるので、タイミングが大切になってきます。条件としては、カードローンの利用を初めて半年以上たっている、その間一度も滞納したことがなく、返済日をきちんと守っている、他社から借りていない、転職や引っ越しをしていない、等が挙げられます。

一度審査に落ちると、当分増額申込みはできなくなります。申し込みのタイミングには十分注意しましょう。